*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

*** eラーニングの販売開始 ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-25 09.08.24.jpg

eラーニングの販売を初めております。講義しつつ、デジタル写真集的な素材であります。四つの講座があり、各々1,000円になります。

①「0.1%の海が我々の生命と生活を守る命綱」

→サンゴ・サンゴ礁の話。

②「ミクロネシア文化を探る」

③「自然界の恵みとその恩恵を感じよう」

→生態系・生物多様性

④「小笠原諸島からみる世界遺産登録への道」

購入は→→→ココから

 

福岡方式の間違った使われ方?

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC9119.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイのゴミの最終処分場(埋め立て地)です。
ここと隣のコスラエ島では「福岡方式」と呼ばれる福岡市と福岡大学が編み出した埋め立て方法を採用しています。ただ両島とも行って思ったのが、燃えるゴミ以外に絶対に自然に還らないプラスチックやビニール袋などすべてごちゃ混ぜで埋めてるではないですか?
福岡方式は日本のODAも絡んでいるくらいの公的なものであり、それを現地に教えているのです。
自然に還らないゴミも一緒に埋められていることを疑問に思ったので福岡市環境局にメールし、今日電話で担当者から話しを聞くことができました。「福岡方式は福岡市と福岡大が考案したやり方ですが、決して我々でないと出来ないというものではなく、やり方はコンサル会社、建設会社も知っているので、もしかしたらそういうところ、あるいは現地の人が単に真似てやってるのでは?基本福岡方式で埋める場合も予め分別が必要です」と答えてくれた。
つまりレシピは知ってるから、我流でやってみましたという感じでしょうか?これはどうかと思う。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

日本マングローブ学会【2018/12/8】

[ ■日々の事 ]

IMG_6821のコピー.jpg

私はサンゴ礁学会とマングローブ学会の会員でして、今日はマングローブ学会の年次大会でした。お世話になっている先生たちにも会うことができました。
来年は私も発表してみようと思っています。

公式Facebookページ

 

サンゴ礁の夕陽

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC1289.jpg

ミクロネシア連邦チュークの空港からグアムへ向かう途中です。
飛び立つとサンゴ礁の縁がうっすらと夕陽に照らされて綺麗に見えます。沈む太陽とともに「さようなら!また次の日まで!」という想いでしょうか。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

エコプロダクツでトング会社【2018/12/6】

[ ■日々の事 ]

IMG_6805のコピー.jpg

地元の清掃やミクロネシア連邦ポンペイ島での清掃で使ったトングのメーカー「永塚製作所」が、今日から始まった「エコプロダクツ2018」に出展していました。ユーザーが来てくれたということで、同社社長が喜んでくれました。
現在使っているラバー付きのトング、その問題点を指摘させていただいたら、既にその問題点を解消すべく色々と動かれているようです。

公式Facebookページ

 

麗澤大学の報告会【2018/12/5】

[ ■日々の事 ]

IMG_6788のコピー.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイで現地の小学生を対象に環境教育をおこなっている麗澤大学、彼らの報告会に行ってきました。その報告会の中で「World Cleanup Day」の活動にも触れてもらいました。
チューク、ヤップ、コスラエでも清掃活動は行われています。なんかまとまることができないか、今模索しています。

公式Facebookページ

 

ミクロネシアはコスラエでの活動【2018/12/3】

[ ■日々の事 ]

_DSC0001-4.jpg

ミクロネシア連邦の東端ですぐ隣はマーシャル諸島共和国がある島、それがコスラエ島です。かつてはクサイ島(クサイエ島)と、何とも小学生が喜びそうな名前がついていました。しかし臭さはなく、現在コスラエ島で水陸の清掃活動を行っているのが「Pacific Treelodge」のMariaです。夫婦ともPADIダイビングインストラクターで、昔からエコ活動を行いPADIからも表彰されました。
チュークでは八王子市が、ポンペイでは麗澤大学が、そしてヤップでは早稲田大学が清掃活動を行っていますし、西端のパラオでもこのような活動が続けられています。
ゴミや廃棄物は出ていて、そのようなニュースも多いですが、取り組んでいる人もたくさんいます。
マイクロプラスチックの問題は私たちも現地の人たちも加害者であり、被害者であります。

公式Facebookページ

 

マングローブの話し【2018/11/26】

[ ■日々の事 ]

IMG_6761 (1).jpg

私が講師を務める専門学校にマングローブの研究者として知られている馬場先生(琉球大学名誉教授)が来てくれました。
12月に沖縄へ研修旅行に行くので、その前に沖縄や西表島の自然、そして本題のマングローブの講義をしてくれました。
しかしパワフルな先生です。昨日那覇でいくつか葉っぱを採取して今朝の便で羽田に戻ってきてくれたそうです。
マングローブの重要性、世界自然遺産に登録しようとしている西表島への環境省に対しての意見を聞くことができました。
大学の名誉教授なので生徒には貴重な時間だったと思いますが、馬場先生はそんなセンセイぽくないです。西表島での大学の先生と認識してる人はどれだけいるのか?と聞いたことあります。それよりカツオ漁の漁師と思ってる人、たくさんいるようです。

公式Facebookページ


 

+ Windラストライヴ終了【2018/11/25】

[ ■日々の事 ]

IMG_6760.jpg

昨日は四谷三丁目の「ソケースロック」で私もVJとしてメンバーである「+ Wind」のライヴが行われました。ご参加してくれた皆様ありがとうございました。
ポンペイに伝わる曲、「メンラオ」ではお客さんにも踊りで参加してもらったりと堅苦しくなく、和気あいあいとした雰囲気のライヴでした。ゲストのミュージシャンの方もありがとうございました。
これにて1度活動は休止になりますが、またいつの日かナカメか四谷三丁目でお目にかかりましょう。

公式Facebookページ

 

環境サミット【2018/11/23】

[ ■日々の事 ]

IMG_6744.jpg

高校生環境サミットが開かれていました。この高校は日本で唯一「ISO14001」を取得している高校であります。
来月はここで講演いたします。

公式Facebookページ

 

経営者の勉強会【2018/11/22】

[ ■日々の事 ]

IMG_6730のコピー.jpg

昨日は目黒区の中小企業経営者の勉強会で講演をしてきました。この勉強会に呼ばれるのは今回で3度目でした。
テーマは「魚の生態」、9月のミクロネシア連邦ポンペイでの「清掃活動」、「SDGsを念頭においた企業経営と個人活動」という三つです。もちろんカメラマンですので、ほぼ私が撮った写真と動画による解説です。

公式Facebookページ

 

ゴミ拾いのススメ【2018/11/20】

[ ■日々の事 ]

_DSC9731-3.jpg

ゴミ拾いのススメ。清里ミーティングは刺激的で、また来年も参加したいと思っています。ただ環境問題を科学の面から見ると「ホントなのかどうか?」わからない部分も多いです。例えば温暖化は本当にしているのか?してないという研究者もたくさんいます。水産資源はどれくらいの量あるのか?このように非常にわかりずらいなか、みな環境問題を語り教育として取り入れようとしている。
しかしどれもこれも科学になってしまうと大学の研究者が発表した内容を沿う感じで理解しなければいけないので難しい。
ならば簡単に、誰もがそれこそ頭良い人も悪いヤツでもできることとして「ゴミ拾い」がある。環境問題の基本は「ゴミ拾い」ではないかと思う。ミクロネシア連邦のポンペイ島での清掃は30名を超える多くの人が集まってくれた。

公式Facebookページ