[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

コスラエ島では海の中も

[ ■ コスラエ ]

kosrae_cleanup_photo-2.jpg

動画はこちらからご覧下さい。

ミクロネシア連邦のコスラエ島では海での調査にも参加。サンゴのチェック、オニヒトデの駆除、そして合間合間にはこのような活動を。
サンゴが豊富な島でありながら、ゴミはけっこう見つかります。

公式Facebookページ

 

雲海丸

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC2789.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島に沈む「雲海丸」という日本の船です。下へと進んで行くと薄らと船影が見えてきます。その時は感動の一言ですね。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

南太平洋らしくない雨の島、ポンペイ

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC3436.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイで。この島は年に360日雨が降っている島で、降水量世界第2位を記録した島でもある。いつも太陽が眩しい南太平洋のイメージからは大きく外れる。雨に慣れっこなのか、傘を持つ人もいない。さすがに大雨だと雨から逃げようとするが、恐らく家に帰ってもちょっとシャツ着替えるだけでこのままだろう。
ところで台風19号が近づいているようで。勢力が強いままということはやっぱ地球は温暖化してるんでしょうか?
ところでポンペイに気象台がなかった時、グアムの気象台から大型台風が来ているから避難しなさいという警告をうながす情報が入ったそうだ。
島の人達は安全なところに逃げようとしたが、一向に台風が来る気配がない。島にグアムからの情報が入った時には台風はすでに通り過ぎていったそうだ。つまり情報が入ってくるまでのタイムラグの間に通過したそうだ。まるでマンガの世界。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

「海はゴミ箱ではない」と言うが【2019/10/7】

[ ■ 日々の事 ]

DSCN0416のコピー.jpg

離島便の船がミクロネシア連邦オロルック環礁に停泊している時、現地の人たちはここぞとばかりにデッキから段ボール箱などゴミを捨てる。「海はゴミ箱ではない」と言うが、元来自然に還るものしか使っていなかった南洋の人にとって海はゴミ箱なのです。
これはけしからんと説教し、教え正すことも可能だ。我々ニホンジンは彼らよりアタマ良いし、自然に還らないゴミがどんな影響を及ぼすかも知っている。もちろん技術もカネもある。ただやみくもに「アナタ達のやってることは良くないことで地球のためにならない」と言うのはミクロネシアの文化への侮辱と僕は考えているのだが・・・・・・。それはどこか「イルカ漁なんて非人道的なことやってて恥を知れ」と太地の人々に言ってるシーシェパードと変わらないと思う。
今現在、現地でもマイクロクリーンアップキャンペーンとして環境教育・環境活動(と言うほど大袈裟ではないが)をやってて思うのが、相手の文化をいかにして侵害することなくやれるか、そこに大きな気を遣う。

公式Facebookページ

 

夕景を見ながらの食事

[ ■ コスラエ ]

_DSC9765のコピー.jpg

ミクロネシア連邦の東端コスラエ島。焼けていく空を見ながらホテルのレストランでの食事です。この時間帯がたまらなく好きです。特にこのレストランには窓もないから自然との一体感が増します。ただマングローブがあるので、少しばかし蚊が飛んでいます(もちろん蚊取り線香焚いてくれます)。

コスラエの過去の写真

公式Facebookページ

 

ミクロネシアの子供

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC3454.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイの子供です。まだ小学生の低学年である彼はいつもアパートメントの中を走り回っています。現地の言葉菜々緒で何を言ってるのかわかりませんが、必ず私に絡んできます。つまり遊んで欲しいのでしょう。子供の頃はこんな無垢ですが、大人になるとみな・・・・・・。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

中目黒美化委員会による清掃、終了【2019/9/27】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_1196.jpg

本日、World Cleanup Day 2019の一環として中目黒美化委員会による目黒川沿いの定期清掃をおこないました。
詳細はココからご覧いただけます。

公式Facebookページ


 

World Cleanup Day 2019の報告【2019/9/26】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟ポンペイでの活動 ], [ ∟コスラエでの活動 ]

wcd2019-2.jpg

World Cleanup Dayの活動の模様です。ガラパゴス諸島に続いてミクロネシア連邦のポンペイ島とコスラエ島の2カ所でも清掃活動を実施してきました。ポンペイ島に関しては今年で2度目になります。詳しくは以下のリンクからご覧下さい。

ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(9/7)はココから
コスラエ島での活動(9/19)はココから

 

ガラパゴス諸島での清掃活動報告【2019/9/2】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟ガラパゴス諸島での活動 ]

IMG_7709.jpg

IMG_7720.jpg

8/23〜9/1まで日本ガラパゴスの会と私による共催でガラパゴス諸島ツアーをおこなってきました。
多くの固有種を観察する以外に、私自身企画による現地での清掃活動もプログラムのひとつに組み込まれました。これは日頃地元中目黒を始めロケで訪れるミクロネシア連邦での活動を踏襲するものであり、また清掃活動の重要性をお客様に理解していただくのが目的であります。「たかがゴミ拾い、されどゴミ拾い」であります。場所はガラパゴス諸島のサンクリストバル島とサンタクルス島に2カ所であります。リポートは以下をご覧ください。
■ガラパゴス諸島サンクリストバル島での活動→ココをクリック
■ガラパゴス諸島サンタクルス島での活動→ココをクリック

公式Facebookページ

 

中目黒美化委員会による清掃、終了【2019/8/22】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_7668.jpg

雨がザーッと降り止むと蒸し暑い、まるで南国の天気だった今日。中目黒美化委員会による目黒川沿いの定期清掃を実施しました。
最近雨が多いせいかビニール傘が捨てられていました。他には衣類、特に紫色のブラジャー・・・・・・。
終了後セブンイレブン中目黒アトラスタワー店さまよりアイスコーヒーの差し入れをいただきました。
雨と蒸し暑いなかご参加頂きました皆様、セブンイレブンアトラスタワー店さまありがとうございます。
今日の活動の詳細はココからご覧下さい。

公式Facebookページ

 

ゴミを片付けると言うことは【2019/8/13】

[ ■ 日々の事 ]

trushのコピー1.jpg

私が住む街、中目黒の目黒川沿いはご覧のようにゴミが無雑作に捨てられています。拾っても次の日にはまた別のゴミがの繰り返しです。みなさんはこの現状をどう思われますか?
海洋ゴミなどマイクロプラスチックが大問題になっています。人々はペットボトルなどプラスチック製品を売る企業に対して苦言を呈していますが、企業の責任だけではなく日頃の我々のモラルにも問題があると思います。
このあたりは春になると世界的に桜が有名な場所になりました。自然を見て癒やされたり心洗われるのなら、逆に自然を洗ってあげましょうとカメラマンとして思います。
そして環境問題解決はは理屈っぽくて面倒で説教っぽさもあって、さらには利害関係もあってと正直言って好きにはなれないんです(と言いつつも学校で講師なんかやってますが、これが本音)。でも説教も理屈もなく出来るのがゴミ拾いなんでしょうと思っています。誰でも簡単にできる素晴らしい行動だと思います。

公式Facebookページ