*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

*** eラーニングの販売開始 ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-25 09.08.24.jpg

eラーニングの販売を初めております。講義しつつ、デジタル写真集的な素材であります。四つの講座があり、各々1,000円になります。

①「0.1%の海が我々の生命と生活を守る命綱」

→サンゴ・サンゴ礁の話。

②「ミクロネシア文化を探る」

③「自然界の恵みとその恩恵を感じよう」

→生態系・生物多様性

④「小笠原諸島からみる世界遺産登録への道」

購入は→→→ココから

 

川のゴミは海へ流れ、それが・・・【2018/8/30】

[ ■日々の事 ]

IMG_6536.jpg

本日も酷暑でしたが中目黒村美化委員会による目黒川沿いの清掃活動を実施しました。今までに2度台風で延期されましたが、今日は実施することができました。お集まりいただいた皆様、誠にありがとうございます。
さて次回は9/15(土)になります。この日は「World Cleanup Day」と言いまして世界134ヶ国で同時に清掃活動をする日であります。土曜日ですので近隣企業の方々はなかなか出にくいと思いますが、ぜひともよろしくお願いいたします。またこの日は目黒学院の学生も手伝いに来てくれます。
その後は10月の平日に実施いたします。恵比寿にあるインディードという人材派遣の会社が研修の一環として美化委員会に参加してくれます。
この清掃活動は近隣の企業、住民によって結成されたものであります。プラスチックゴミがマイクロプラスチックと呼ばれるようになり、それが海洋汚染に繋がると言われるようになった昨今、それらの起源は川にあるということで目黒川の清掃を始めました。

公式Facebookページ

 

悲壮感もなく、気さくなミクロネシアの人

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_9760.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイ島での1枚です。彼はガソリンスタンドの店員さん。子供も大人もカメラ向けると気さくにポーズをとってくれます。
ところでミクロネシアという地域はわかるけど、ミクロネシア連邦という国があるのは知らないという人が多くいます。ミクロネシア連邦は南太平洋の島嶼国で途上国です。
途上国の中でもアフリカや東南アジアの国々だと子供は兵士になって、家系を助けるためにゴミ拾いしてとどこか悲壮感に溢れていますが、ここは違います。ミクロネシア連邦をはじめマーシャル諸島共和国など南太平洋の島嶼国はどこもGDPが下位に固まってます。アフリカ、東南アジア諸国の方が上です。でも人々は明るいですし、着ている物もボロボロだけど不潔というほどではない。
経済的には苦しいけどこの明るさは気候から来るのでしょうか?私が好きなところであります。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

今の学生と昔の学生【2018/8/24】

[ ■日々の事 ]

DSC_2076.jpg

DSC_2083.jpg

今の大学生、高校生は僕らの時代と違ってみな立派です。
この前とあるイベントセミナーでも言ってたのだが、「昔の中高生はいい大学入るための受験のための勉強をし、いい稼ぎが出来るよういい会社に入るという目標しかなかったが、今の学生は未来のため社会のため、学びたいことが学べる大学へ、自分の力や学んだことが発揮できる企業へ」というのがあるそうだ。
また僕と年齢がほとんど変わらないとある大学の先生は「僕が大学生だった頃は女の子に飲み会にサークルにという学生生活だったけど、今の大学生はボランティアや社会貢献活動をやったりして、それがすごく忙しいらしんですよ」と言う。
写真はポンペイで現地の学生とゴミ廃棄物の問題についてディスカッションしている様子です。もちろん英語オンリー。日本の将来も,
彼らがいれば安泰でしょう。

公式Facebookページ

 

ハエがたかっているコスラエのダンプサイト

[ ■ コスラエ ]

DSC_0043.jpg

ミクロネシア連邦の東端コスラエ島での1枚です。
ここは福岡方式という福岡大学が開発したゴミの最終処分場であります。
ゴミを埋め立てるのですが、福岡方式の場合バクテリアによる分解で出るメタンガス(温室効果ガスのひとつでCO2より多くの量が大気中にある)の発生を抑えるのに一役かっています。しかしハエが多くてたまりませんでした。

公式Facebookページ

コスラエの過去の写真

 

SDGsにおける自分の立ち位置【2018/8/22】

[ ■日々の事 ]

sdg_icon_17_ja.jpg

sdg_icon_11_ja.jpg

昨日はミクロネシアのゴミ廃棄物問題について海洋政策研究所で意見交換をしつつ、夜はSDGsのセミナーに参加。
「あなたはどれに関わっている?」という風な感じで選んでみるのも面白いし、17のゴールに順位づけるのも面白い。
個人的にはゴール17と11。南太平洋の島嶼国に行ってみても日本人とはまったく別な考え方がある。そして多様な考え方があって当たり前ななか、どう合意形成をしてコミュニティや街、島を作っていくかが重要なのではと思っている。
しかしまだまだSDGsに関しての日本国内での認知度は少ないようです。SDGsに関しての認知度は地元ナカメの人に聞いてもまだまだ低い。「何?」って感じであるし、色々な人との会話の中にも出て来ないのが残念である・・・。

公式Facebookページ

 

ミクロネシア連邦トラックに沈む歴史的遺産

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC6405.jpg

ミクロネシア連邦のチューク諸島(旧トラック諸島)で撮った「桑港丸」という船です。その船倉にはタンクローリーやトラックが搭載されています。
ここは戦時中は激戦地だったので、日本の船がたくさん沈んでいます。ただすべて民間から徴用された船なので軍艦ではありません。ただ74年の年月が経っているので、朽ち果てている部分もあり、「事実」が段々と「語り」だけの世界になっていきそうです。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

ラバーをついたトング【2018/8/11】

[ ■日々の事 ]

IMG_6506.jpg

IMG_6502.jpg

IMG_6505.jpg

清掃活動に適した素晴らしいニューアイテムを手に入れたので紹介します。
ゴミ拾い用のトングなのですが、これは普通のトングと違って持ち手の部分と先端がラバー加工されているのです。そのため吸い殻なども拾いやすいのが特徴です。昨年使わせてもらって、とても良かったので手に入れました。
しかもこれは中国産ではなくメイドインジャパン、新潟県三条市生まれです。三条市は物作りの街としても知られていますので、こういう一品が生まれるのもわかります。
これもポンペイに持って行きますが、恐らく羨ましがられるでしょう。

公式Facebookページ

 

9/15にミクロネシア連邦のポンペイで清掃活動【2018/8/10】

[ ■日々の事 ]

IMG_6496.jpg

Blue Shipのトングが届いたので、これをミクロネシア連邦のポンペイ島に送りました。海とマングローブを綺麗にするために向こうで使います。
9/15にミクロネシア連邦のポンペイで現地の方々と清掃活動を実施します。

公式Facebookページ

 

沖縄の漁師によるサンゴ再生

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC2298.jpg

沖縄本島は平安座島で見たサンゴなのですが、地元では漁師たちによってこのような方法でサンゴを再生させています。
沖縄県内では様々なNPO、環境保護団体によってサンゴの植樹・移植がおこなれていますが、植樹・移植しても環境に適応せずなかなか長持ちしません。
その中でこれが一番良いと現地の海人(沖縄の漁師)がやっていた再生方法です。釘を岩に差し込み、周囲にあるサンゴの欠片をそこに巻きつければ自然と成長していきます。

公式Facebookページ

沖縄の過去の写真

 

ミクロネシアで清掃活動を企画中【2018/8/2】

[ ■日々の事 ]

IMG_6480.jpg

ミクロネシアはチューク諸島への直行便就航で盛り上がり、旅行、ダイビング、ヒーリング系など様々な媒体で島々の自然、海が紹介されていますが、思っているほど綺麗ではなかったりする。「きっと綺麗な白砂のビーチがあるんでしょうね〜」なんて言われるけど、そうとも言えない。そんな状況はカメラマンとして非常に残念であります。
温暖化による海面上昇で水没する国があると言われています。しかし水没の原因は温暖化だけではありません。都市化によるゴミ廃棄物に問題もあります。手っ取り早くできる対策としてゴミ廃棄物の問題を解決することでしょう。さらにはマイクロプラスチックの問題などもあります。
よって『ゴミ廃棄物の問題、島嶼国も私たちも被害者であり加害者でもある』ということでワールドワイドな活動を企画中です。まだどう転ぶかわからないので、黙っていようと思いましたが、反応も悪くはないのでフライングでアップしてしまいました。まずはミクロネシア連邦のポンペイで、次はチュークで、さらに継続的に現地の人とです。

公式Facebookページ

 

ミクロネシアの少年野球

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_3950.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイでの1枚。現地では少年野球が盛んにおこなわれています。
ミクロネシアと野球の繋がりと言えばかつては相澤進(元高橋ユニオンズの投手)を輩出したことに始まって、秋山幸二が西武時代にポンペイで自主トレしたとしても知られています。
ところでミクロネシア連邦のポンペイでは少年野球が盛んです。しかしその指導方法は日本的です。整列させますし、(僕に対しても)グランドではキャップをとって挨拶しますし、遅刻したらグランド1周とかもあります。もちろん「帰れ!」と言うコーチ陣の怒号が響いたりと。

公式Facebookページ
ポンペイの過去の写真