[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店
■普通 口座番号2118550
■名義 道城征央(ミチシロマサヒロ)

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

マイクロクリーンアップキャンペーン(ミクロネシアでの清掃活動)の日程

[ ∟ポンペイでの活動 ], [ ∟コスラエでの活動 ]

microcucp.jpg

9月のマイクロクリーンアップキャンペーンの日程です。
詳しくはリンクのブルーシップのサイトをご覧下さい。
ポンペイでの清掃活動
コスラエでの清掃活動

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

写真展終了と専用口座開設【2019/7/22】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_7489.jpg

7/20に終了した写真展の写真を撤去終了を本日おこないましました。ここで多くのお客さんと色々な話しができ、大変貴重な時間を皆様と過ごすことが出来ました。映像もあり、私のトークもありで写真展と言う場が議論・対話の場にもなったのではないでしょうか?
そして皆様からお預かりしました寄附金もそれなりの額になっております。そこで任意団体でありますが「マイクロクリーンアップキャンペーン」の専用口座を開設する手配を本日みずほ銀行ととり、そこで管理させていたきます。正式に口座開設できましたら、またご報告させていただきます。団体名長たらしいですが、今後ともよろしくお願いいたします。またご支援ありがとうございます。
ちなみにマイクロクリーンアップキャンペーンのマイクロはマイクロプラスチックではなくミクロネシアの英語読みからとっております。

公式Facebookページ

 

写真展「最後の楽園は今〜ミクロネシアの光と影」初日終了【2019/7/15】

[ ■ 日々の事 ]

firstday.jpg

写真展「最後の楽園は今〜ミクロネシア連邦がかかえる光と影〜」の初日が終了しました。祝日だったということもあって昼間から多くの方に来ていただけました。
普段からおせわになっている四谷三丁目の「ソケースロック」のオーナーの小林さんからそこに出演するお客さん、ジープ島のお客さん、さらには2月に一緒に清掃活動をチュークでおこなった八王子市職員の前川さんがご家族で、また地元の人などです。
しかし特に驚いたのはJICAのボランティア隊員として明日からミクロネシア連邦のチュークとコスラエへ趣く人たちが入れ替わりで来てくれました。どうやらJICA隊員のなかで情報が共有されているそうです。チュークへ行く隊員はこれを見てホッとしたと言ってました。情報もないですし、チュークってどこ?というような土地なので不安になるでしょう。
明日も11時から19時までになります。是非ともいらしてください。

公式Facebookページ

 

トラックが鎮座する長野丸

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC2927.jpg

ミクロネシア連邦チューク(トラック)諸島に沈む長野丸という船、その船倉にはトラックが鎮座しています。
周囲は、当たり前ですが海の中なので水、そんな倉に綺麗に搭載されている車を見るとどこか不思議に感じます。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

ゴミ拾いイベント、BLUE SANTA【2019/7/13】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

DSC_0092 (1).jpg

本日は、海の日を前にしてBLUE SHIPによるゴミ拾いキャンペーンBLUE SANTAに中目黒美化委員会でもコラボしてきました。
土曜日だったこともあって普段は近隣企業の方々に参加してもらっているのですが、今日は目黒学院の高校生、それに私が講師を務める埼玉動物海洋専門学校
の学生たちが参加しました。
詳細はココからご覧いただけます。

公式Facebookページ

 

写真展の設営完了【2019/7/12】

[ ■ 日々の事 ]

space_mのコピー.jpg

7/15から始まる写真展の設営が完了しました。ミクロネシア連邦の良いところと悪いところ、そして悪いところを改善するための活動とそのきっかけとなったゴミで溢れる地元ナカメでの活動も出しております。※なおここの写真はわざとぼかしております。また映像も上映します。詳細はココからご覧下さい。

公式Facebookページ

 

本日の活動は台風で中止【2019/6/28】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

https://blueshipjapan.com/event/4218

本日の定期清掃ですが、台風の影響で中止にいたしました。午前9時半現在の天気の状態ですとやっても問題なかったのですが、ゴミ拾いは義務ではなくある程度気分でやった方が良いと思いますので中止にしました。
つまりレジ袋有料化などすべてを「義務」にしないと解決できなくなってしまったのが変だと思います。各々の自覚というか気分で良いのです。それが環境活動(とか環境活動家いう言葉は嫌いですが)だと思います。
ちなみにキックオフ版として7/13(土)は近隣の目黒学院の高校生、僕が講師やっている専門学校の学生を集めて学生たちに中目黒美化委員会の活動に参加させます。一般の方もどうぞ!

公式Facebookページ

 

雨の水中、真栄田岬より[動画]

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

maedamisaki.jpg

動画はここからご覧下さい
沖縄本島の真栄田岬。梅雨以上の大雨で海の中までその音が聞こえてきました。雨と泳ぐ小魚、波の三拍子は実に幻想的な世界でもあります。

公式Facebookページ

 

沖縄戦から74年【2019/6/23】

[ ■ 日々の事 ]

DSC_1336.jpg

6/23は沖縄戦から74年目。普天間基地返還に伴い辺野古へ・・・・・・。この前辺野古でダイビングした時、漁港の施設を使ったら辺野古の漁師から怒られてしまった。「オメ〜誰の許可で使ってるんだ?」と。複雑なことが絡み合っている沖縄。沖縄と東京とでは温度差も感じつつ・・・・・・。

公式Facebookページ

 

ソフトコーラルの産卵[動画]

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

sanran_2019-1.jpg

動画はここからご覧下さい
沖縄県の宜野湾で見ることが出来たソフトコーラルの産卵です。一般的にソフトコーラルは雌雄異体なので放卵するものと放精するものに分けられます。ということでこれはメスの個体なのでしょう。

公式Facebookページ

 

宜野湾からの夕陽

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC5789.jpg

沖縄本島宜野湾のマリーナから見た夕陽です。2019年の沖縄本島は梅雨が長く、すっきり晴れる日はなかったですが、その合間にいい夕陽が見られました。
ミドリイシなどハードコーラルの一斉産卵を、慶良間諸島や八重山諸島ではなく、大都市の宜野湾の海で見たいと思って行ったのですが結果はダメでした。ソフトコーラルの放卵放精のみでした。
2017年に一斉産卵が宜野湾であって、それに遭遇し元々知り合いだったダイビングガイドのFBに「そこで見たい」と書き込んでの一年後2018年、こっちが忘れかけていたし、勿論何も連絡とっていなかったんですが、「いついつから産卵しそうですが、いらっしゃいますか?」と、何と一年前のことを覚えていてくれました。そして昨年今年と続けて行ってますが、いや〜一年前のことを覚えているなんてプロを感じました。
ウチの学生の中にもダイビングのガイドになりたいというのがいます。プロとしてダイビングが上手い!以外にそういうアテンド上手こそ本当のプロだと思うのでそうなってもらいたいですね。
公式Facebookページ

沖縄本島の過去の写真