[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

JICAによる「mundi」のWEBギャラリー

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-01-29 15.23.44.jpeg

2018年、独立行政法人国際協力機構(JICA)の広報誌「mundi」の中にある『地球ギャラリー』というコーナーに僕がミクロネシア連邦ポンペイで行っている環境活動「マイクロクリーンアップキャンペーン」のことが掲載されましたが、今回その『地球ギャラリー』がWEBギャラリーになりました。本日公開で誰でも閲覧できますので以下のURLから見てください。
現在このキャンペーンの活動は止まっていますが、活動地域は同国のチューク諸島、コスラエ島までに拡がり、次のプロジェクトを再開させるだけです。

公式Facebookページ

 

Gyoppy!からインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

Yahoo!JAPANによる「海の豊かさを守ろう Gyoppy!」にブリーシップでインタビューされたもに加筆して再掲載されています。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

九州大の磯辺先生、JICA担当者との対談

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-07-09 12.27.51.jpeg

海洋物理学の磯辺先生(九州大)と私、そして国際協力機構(JICA)のゴミ廃棄物の担当者との対談形式のインタビューになります。マイクロプラスチックの専門家と民間活動をしている私、そしてゴミ廃棄物の専門家という面白い3者対談です。
ダイビングをやる人、漁業など海で仕事する人・・・・・・だけではなく皆さん共通の問題だと思います。既に公開されてますので、是非ご覧ください。

 

パヤオの動画【2021/8/4】

[ ■ 日々の事 ]

DSC_6530.jpg

与那国島のパヤオ(人口魚礁)の動画、人気あるな〜。去年の日テレ『イッテQ!』続いて使われます。8/9(月)のNHKEテレ『ぼくドコ』(19:25〜)という番組でカツオの一生を紹介するようなのですが、そこでも僕が撮った与那国のパヤオ動画が使われます。ご覧ください。

公式Facebookページ


 

「エコ・自然塾」終了【2021/8/1】

[ ■ 日々の事 ]

eco0731 のコピー.jpg

昨日の『エコ・自然塾』ではご出演頂いた関戸紀倫カメラマン、RGBlueの久野社長、造形作家の中杉様、そして参加していただいた皆様ありがとうございます。
次回は10/9になります。国立環境研究所の五箇公一先生をオンラインで迎えて、『生物多様性と外来種、ウイルス』(仮題)の話をしてもらう予定です。
連日、コロナウイルスの感染者数が報道され、まるでコロナウイルス自体が悪者とされています。実際講師をやってる専門学校でも「コロナ憎い」「嫌い」という意見が多いです。しかし”生物多様性”とは、その条約にも書かれているように本来好き嫌いという問題ではないです。それは外来種にも当てはまるでしょう。また街中に出てきた熊は危険という一言で駆除されてしまう・・・・・・。そんな中人間と自然との付き合い方を話してもらう予定です。
医学界、ウイルス学とは違った生物学の視点での答えが出てくるでしょう。
なお五箇先生登壇の『エコ・自然塾』の詳細は後日アップします。

公式Facebookページ

 

7/31の「エコ・自然塾」開催

[ エコ・自然塾のお知らせ ]

header のコピー のコピー2.jpg


※オンラインのみでの実施(終了時間を17:30にしていますが、ほぼ17時には終わることでしょう)
■エコ・自然塾「私たちが考えるエコと自然環境」
当日は、日々自然環境の中で仕事をされている方や自然環境に対して様々な取り組みをされている方、意識をされている方、3名をお呼びして実施いたします。
3名ともまったく違った立場での自然環境へのアプローチが聞けることでしょう。
また新進気鋭のカメラマン、関戸紀倫もお呼びしていますので、素晴らしい海の写真や映像もお楽しみになれるでしょう。

【ゲストスピーカー】
1.関戸紀倫(自然写真家):世界の海を潜っているカメラマン。お父様はガラパゴス諸島イサベラ島でダイビングガイドをやられています。当日はセンス抜群な写真をお楽しみいただけると思います。
https://www.youtube.com/channel/UCdjN9oJfU1snw-ILOf0vFqA

2.久野義憲((株)エーオーアイジャパン代表取締役):横浜に本社を置くLEDライトのメーカーを営んでいます。繰り返しモノを買わす現代の製造業とは違って、自社製品を長くお客さんに使ってもらうことを考えている会社です。インテリアライトの「Ambientic」と水中ライドの「RGBlue」と二つのブランドを持つ。
https://ambientec.co.jp/
http://www.rgblue.jp/ja/

3.中杉茉莉恵(ma-rina-ru.kamakura):鎌倉でクリーニング店を営みつつアーティストとしても活躍しています。リサイクルされた素材を使ってクジラなどの造形物を製作しています。
https://www.marimaru-kamakura.com/

【進行】
Masa Michishiro(道城征央)
【参加料】
1,000円/人
【参加表明】
■info@ordinaryworld.jpまで参加表明のご連絡をください。後ほど確認のためこちらか連絡させてもらいます。
■入金確認後、ZoomのIDなどをお伝えいたします。

 

地元での環境活動【2021/7/30】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_0321.jpeg

雨が心配でしたが何事もなかったので、本日も中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されました。
今回は小学生から大学生まで様々な顔ぶれでした。よって企業参加は多少人数制限させていただきました。参加者の中には僕とミクロネシア連邦で環境活動をおこなっている麗澤大学の学生も前回同様参加してくれました。また通りすがりの日本語の話せる外国人から「あたしも参加したいんですが」と言われたのでLINE交換しました。
里地里山という言うに人による自然界への手入れ、その不足がささやかれている昨今、不適切な土地利用も叫ばれています。人間が住んでる土地に手を入れて管理することは、新興ウイルスによるパンデミックを防ぐためにも必要なことかと思っています。草ボウボウの中に水がたまり、あるいは空き缶の中に水がたまり、そこにボウフラがわいてウイルスを媒介する蚊が発生するなんてことになりかねない。『ワンヘルス』がいかに大切かというのもこの活動からもわかります。
■今日の詳細はここからご覧ください。
次回の活動は8/14(土)になります。また明日は『エコ・自然塾』が15時から開催されます。参加希望の中は連絡ください。

 

和田浦(千葉外房)を訪れて【2021/7/25】

[ ■ 日々の事 ]

_DSC8333.jpg

小笠原諸島母島でザトウクジラの水中撮影をするにあたって、小笠原ホエールウォッチング協会の研究員の人とやり取りしているうちにクジラの“生態”から”国際問題”まで興味をもちこれに至った。そして国際問題である捕鯨だが、和田浦には国際問題とは無縁な別の世界があった。捕鯨問題を考える時、このギャップが実に重要になる。そしてみな鯨肉を好み、解体を楽しみにし、宿の人との会話でも「今日は揚がってないんで解体ないんです。残念ですね〜」「明日揚がって解体があるといいですね〜」というのが日常。
その土地に根付く伝統的なもので、継承さえているのなら、他の地域で行われているイルカ漁、ウミガメ漁も隠すことなく堂々とやればいいのにと思った。かつては他の地域でも子供にそういうのを見せていたと言う(と言いつつも愛護団体の妨害も活発でそうともいかないのだろう)。
和田浦に揚がるツチクジラ、その解体も何となく処刑場に上げられる感じがしたが、進むにつれて「あそこが旨い」という風に変わっていった。
ちなみにコロナウイルスの影響で間近で撮影することができなかったのが残念なことだった。2017年はホント、クジラの頭の先あたりで見られたのに・・・・・・。

公式Facebookページ

 

ボニンハナダイ

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC6380-1.jpg

小笠原諸島の固有種とされているボニンハナダイです。色合いがニラミハナダイとも似ています。ちょっと深い場所にいるのですが、綺麗ですので見てみる価値はアリ!

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

捕鯨の町、和田浦へ【2021/7/21】

gaibou1.jpg

_DSC8228.jpg

_DSC8216.jpg

_DSC8207.jpg

千葉県外房の和田浦では古くから小型鯨類(主にツチクジラ)の捕鯨がおこなわれています(小型鯨類はIWCの管轄外)。数年前に専門学校の学生と二人でその解体を見に行きました。今回元水産庁の方からの紹介で、その捕鯨をやっている『外房捕鯨(がいぼう)』の社長を取材することができました。
街中どこにでもあるクジラに絡めた看板も見られ、それに社長の話はまさにクジラ漁をものすごく”和田の人間として誇り”にしているように思いました。一昨日捕獲されていれば昨日近くの小学校が見学に来ていたそうで、地域の教育の役にもたっています。最近では「生き物のと殺、解体=悪いもの」という図式が成り立っていて、そういうのを子供に見せないという、(個人的には)悪い傾向にあります。
都会と田舎、内陸と漁村との差がなくなりつつある現代、ものすごく頼もしいことをやってる会社だと思いました。
ところで会社名は「そとぼう」ではなく「がいぼう」であります。JR線の名前は外房線(そとぼうせん)なのですが、どうやら「がいぼう」は浜言葉、漁師言葉だそうです。なので内房も「うちぼう」ではなく「ないぼう」だそうです。
そして僕が帰った本日、ツチクジラ2頭が捕獲され、明日解体されるそうです・・・・・・。なんと運が悪い。

公式Facebookページ

 

私が主宰する清掃活動【2021/7/17】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_0209 2.jpeg

IMG_0212 2.jpeg

暑くて死にそうでしたが今日も緊急事態宣言下でありながら中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されました。
そしてミクロネシア連邦ポンペイで一緒に環境活動してくれている麗澤大(千葉)の学生も手伝いにきてくれました。
最後はセブンイレブン中目黒アトラスタワー店さまからコーヒーの差し入れがありました。暑いのでアイスコーヒー!

公式Facebookページ

 

タコの日[動画]

[ ■ 日々の事 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

tako_1.1.1.jpg

動画はココからご覧ください。
昨日7月2日は『タコの日』だそうです。そんな日があるとはまったく知りませんでした。そしてこれは石垣島の夜の海で見られたタコの生殖行動です。
生物学者の本川達雄先生は「生き物は海から陸にあがってきたのが失敗。良い面は酸素が取り込みやすいというだけ」と言う。特に太陽の光は天敵で、日の光にさらされないよう皮膚やウロコで体を覆い、配偶子も干からびないようオスは自分の生殖器をメスの膣の中に直接入れてそれを渡す仕組みを作ってしまったと。こう言う生殖行動とってる生き物はヒト含めウン%しかいないらしい。
この前のサンゴもそう。特に非造礁サンゴのソフトコーラルや主な魚類はみな放卵・放精というばらまくだけで後は何とかなるという感じでしょうかね。
しかしタコはオスが精子の入ったカプセルをメスに受け渡すという放卵・放精と違った行動にでる。生殖行動ひとつとっても多様で面白い。
そして今週の自分は腰痛がひどくてしんどい。これも陸上にあがってしまったことによるマイナスな面である。

公式Facebookページ