[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

本年度最後の授業はお仕事紹介【2020/2/17】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_8086.jpg

講師をやっている専門学校、今日で授業も最後だったんで今日は自分のお仕事紹介。普段使っている撮影機材を持ち込み、セッティングして、ひとつひとつ説明しながら見せてあげました。
これでダイビングやりたいという人がもっと増えれば良いんですが、その前に機材の総額でみんなビビっていましたんで、むしろ逆効果か?
なかにはダイビングインストラクター目指しているのもいたんで、そう言う子には取っつきやすかったみたいです。

公式Facebookページ

 

新型コロナウイルスの影響でロケ中止【2020/2/3】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_8061.jpeg

新型コロナウイルスの影響・・・。
なんかネット上では入国できないと騒いでましたが、駐日ミクロネシア連邦大使館へ電話したらやはり入国できないとのことで、3月のポンペイ行きはナシになりました。3月チョーヒマになりましたわ。
昨晩日本を出て、今朝の便でグアム空港からポンペイに渡ろうとした感染国の人はすべて搭乗ギリギリで降ろされたそうです。
9月にマイクロクリーンアップキャンペーンのフォトプロジェクトが始まるのでその前にロケと共に打ち合わせとかで行きたいのですが・・・・・・。まずは収束宣言が出ない限り入国はできないとのことです。
しかしツキがない。自然を相手にしてるカメラマンだからある程度は諦め付くけど、まさかこんなのが仕事に影響してくるとは・・・・・・。

公式Facebookページ

 

新型コロナウイルスが蔓延してるからこそ考えたい【2020/2/2】

[ ■ 日々の事 ]

DSC_0622.jpg

奄美大島で潜らせてもらったクロマグロの畜養の生け簀。畜養は人が管理している分「安心安全」である。野生のクロマグロなんて何食べているかわからないという不安がある。さらに現場の社長は「味や脂ののせ方のコントロールも出来る。長崎の上五島の畜養では大トロばっかです」とも言うが、これは本来のクロマグロの姿ではないだろう。ある面喰うためだけの作られた産物でもはや生き物ではない。
さて人間は元々野生の生き物を狩猟して食べていた。しかし新型コロナウイルスが発生源が野生動物ならば、現代では人が喰う生き物は命と思わず製品として生産した方がいいのかも知れない。岡山理科大で好適環境水の研究をしている山本先生は「環境が破壊され、乱獲されている今、人間が食べる生き物は養殖のように命を増やす感覚ではなく製品として作るべき」と言う。
「命を食べる」vs「食べるために生産するモノ」、これはウチの学校でも議論させているのだが、今ウイルスが出てきた状況の中、今後はこう言うことをもっと議論すべきでしょうね。

公式Facebookページ

 

ポンペイのマンタは冬場から

[ ∟ポンペイでの活動 ]

DSC_3474_00001-2.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイ島での1枚。ポンペイの冬は貿易風の影響によってサーファーが多く集まりますが、マンタも多く見られることを忘れてはならない。5月ぐらいまでは島の周囲にいます。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

中目黒美化委員会による目黒川定期清掃、終了【2020/1/24】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_8053.jpeg

中目黒美化委員会による目黒川定期清掃、今年1発目を開催しました。新たに川沿いの店舗の方も参加。詳細はコチラからご覧いただけます。
次回は2/27と3/27、ともに金曜日になります。どなたでも参加できます。用具はこちらで用意します。

公式Facebookページ

 

琉球大学名誉教授、馬場先生の講義【2020/1/22】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_8049.jpeg

1/20、私が講師を務める専門学校に自分も所属している日本マングローブ学会理事長で琉球大学名誉教授の馬場先生がマングローブの重要性などについて講義してくれました。大学の先生ですがそれっぽくなく、住んでいる西表島ではカツオの漁師と思われているのではないでしょうか?
ところでマングローブって海水域で育つ植物ではないんですよ。

https://www.facebook.com/masamichishiro/

 

日本の学生とミクロネシアのためのミーティング【2020/1/16】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_7966.jpeg

ミクロネシア連邦のポンペイで一緒に活動してもらっている日本の大学生と「マイクロフォトプロジェクト」についてのミーティングを実施。「マイクロフォトプロジェクト」つまりミクロネシアの学生をフォトジャーナリストにして、島の良い面悪い面を(ニコン提供の)カメラで撮って気付いてもらおうという企画。そして一人より二人、二人より三人・・・ということでこの企画に関して日本の学生から色々な意見を出してもらいました。と同時にやはり私一人で悩んで企画を組み立てるのには限界があるとも思った。
その意見もカタチになればすごくおもしろいでしょう。ていうかカタチにしないとと思っています。このような意味でこの学生たちには感謝です!
そしてこのように意見を言ってくれる人がいるのは良いことだし、先にも繋がりますね。
ということで今年の11月、私はまた写真展「最後の楽園は今〜ミクロネシア連邦がかかえる光と影」その第2弾をやります。そこでこのプロジェクトによる現地学生の写真も公表させます。さてどんなのが出てくることやら・・・。詳細は後日に発表します。

公式Facebookページ

 

今年もザトウクジラの季節になりました

[ ■ 小笠原諸島 ]

DSC_0080-1.jpg

小笠原諸島はザトウクジラの季節であります。。彼らは何をしてるのでしょうか?と彼らと呼んでしまいたくなるくらい親近感をもって撮影していました。
写真は子供のヒレであります。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ


 

ミクロネシアで環境教育やってます【2020/1/5】

[ ■ 日々の事 ]

seminerのコピー.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイ島では千葉県にある大学の協力の下、小学校2校で、そしてコスラエ島では現地で環境活動をされているNGOの協力の下、高校1校で島の自然の話しをさせてもらった。
コスラエではカウンターパートナーであるNGOが僕を紹介するとき「Marine Scientistでいい?」と言ってくれたんだが・・・・・・何も学位ないけどまぁ〜そんなもんかなと切り返した。あと埼玉県にあるCollege(専門学校)で講師をしてると言いたかったんだけど、埼玉県ってわからないだろうと思って「東京の近くのCollege」と言ったら高校生に「水中写真家でありTokyo University(東京大学)の先生」と紹介されてしまった。さすが南洋でも東大は知れ渡っているらしく生徒達は「オーーーッ」とどよめいた。学歴詐称。

公式Facebookページ

 

アンツ環礁の砂州

[ ∟ポンペイでの活動 ]

_DSC0859-2.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイ島の外洋アンツ環礁にある砂州。まさに日焼け注意の場所であります。しかし癒やされる場所であります。
チュークにはキミシマ環礁というのがありますが、アンツ環礁はアンツ環礁でキミシマとは違った雰囲気があります。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

スペインの国力の凄さ【2019/12/29】

[ ■ 日々の事 ]

_DSC8593-2.jpg

今年の8月ガラパゴス諸島、つまりエクアドルに行って強く思ったのは大航海時代のスペインの国力の凄さだ。キリスト教を布教させ街をヨーロッパ調にしていったりと支配力はとてつもなかったんだろうなと。
そしてその力は太平洋の島嶼国へ広がって行く。彼らの影響力でミクロネシアのチューク諸島がトラック諸島、ポンペイがポナペ、コスラエがクサイエと島の名前が変わっていった。

公式Facebookページ