[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

ミクロネシア連邦の象徴

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_0116.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイ島の象徴ソケースロックです。独特な形をした岩山の脇を旅客機は通って離着陸します。象徴にふさわしく、島を見守っているようであります。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由シリーズ⑤

[ ■ 日々の事 ]

DSC_0117-2.jpg

【私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由シリーズ⑤】第5段になりました。案外「これ毎回見てます」っていう人がいるのでこのまま(毎日アップではないけど)続けます。
写真はチューク諸島にあるジープ島の姉妹島のフェノム島で。ここのジープ島みたいに1周100mほど。客は僕一人だった。10年以上前。
時間環境という言葉が最近出て来ている。科学とかではなく環境を時間軸から見るというもの。人は夜は寝る時間。でもコンビニがあれが使ってしまう。早く行くためには飛行機や新幹線を使う。などなど・・・・・・。朝起きて、海行って、酒くらって「宝島」の大矢さんの話しを聞いて寝て、その繰り返し。ネットもTVもなかった。スーパーはあんな感じだしね。時間環境はエコロジカルフットプリントに発展していく。つまり不要なものは買わないでいい。でも見栄を張れば軽ではなく高級外車買ってしまう。政治家志望、企業か志望がそんなカルチャーショックをうけ日本に戻ってきたのだが、その後ジープ島開島者の吉田さんに会うとこれまた思いも寄らない事態がおこるのだった。

公式Facebookページ

 

私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由シリーズ④

[ ■ 日々の事 ]

IMAG0195のコピー.JPG

とうとう第4弾!懐かしい写真が見つかった。その昔、ワタクシ、社会人になったら企業家か政治家になりたかったんですよ。リーダーシップとれる仕事です。なので中高生のときはずっと生徒会(会長とかも歴任)やってました。しかしFSMに行くようになってガラッと変わってしまいましたね。もう興味ナシ。
最初のチューク訪島で泊まった日本人経営のホテル「宝島」。停電もよくあるし、第一チューク諸島にはTV局なんてないんで、1週間の滞在中一度もテレビ見ませんでした。都会人なので案外こんな長い期間見なかったの初めてかもね。そして使ったダイビングショップはトレジャーズと言ってスタッフは変わったけど今もあるお店。実は僕はここのお客さん第一号なんです。
朝起きて海へダイビングしに出て・・・・・・その海が素晴らしかった。どんなに良いかは僕のHPやFBページを見てくれればと思うのでここでは割愛させてもらいます。ただ海の素晴らしさ、とにかくどのダイビングポイント行っても自分たちだけ。他のボートはまずいないという独占状態なのです。静かです。ボートの上も写真の女性イントラガイドと現地人スタッフだけ。あと1名彼女の友人がいたね。他人に気遣う必要もない。
そうそうダイビングから宿に帰り、散歩してると現地人の男に声をかけられなんかどこかに連れて行かれそうになった。言葉は片言の英語に現地語(チュークはチューク語)なので何言ってるか良く分からず仕舞いだった。拉致寸前で帰ってきたけど、危ないことはまずないよとホテルオーナーに言われた。
電気もなく、娯楽もなく、テレビもなく、あれもなく、これもなく、スーパーは賞味期限切れとドロドロアイス・・・なんか笑いとマンガの世界だなと思ったけどそれでも人は暮らしていけるのだ。ホテルオーナーに聞いた笑える話しその1。「米軍が来て自生しているマリファナを刈って空港の滑走路で焼いたら現地人みな風下に行ってた」とか。まだまだある笑える話し。
約1週間の滞在で東京へ帰ってきたんだけど・・・これは大袈裟ではなく真面目な話し。まったく脚色してない話し。正直言って帰国後、新宿とか歩けなかった。前から斜めから横から後ろから人は来る。ぶつかりそうな位に。東京にはブラブラしている人は一人もいなく、みな秒刻みで動いている。TVは情報の垂れ流し。そして決めたのだ。またミクロネシア連邦へ、チュークへ行こうとね。ポンペイやコスラエの話しもあるのでまだまだ続く。

公式Facebookページ

 

目黒川沿い定期清掃終了【2020/3/27】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_8209.jpeg


コロナウイルの影響で自粛要請が出ていますが、目黒川沿い定期清掃は参加出来る人だけで実施しました。こう言う状況下でも集まってくれる方々はうれしいですね。来月、再来月の日程は後日発表させていただきます。
ご参加頂きました皆様ありがとうございます。

公式Facebookページ

 

私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由シリーズ③

[ ■ 日々の事 ]

hailstone-adult2-0021.jpg

fsm-adult1-0133.jpg

第三弾になりました。空港の小ささからその田舎度合いが良く分かってきたのだが、迎えのホテルの車に乗ってホテルに向かう道中はこれまた凄かった。時速30キロでないと運転できない。ご覧のように道路はガタガタなのだ。メイン通りがこの状態で、穴が開いててそこに雨水が溜まってるなんて場所なんてあちこちにある。そして道路脇には何してるんだかわからない大人がいる。つまりブラブラしてる人っていうのがけっこういる。これはどの島でも見られる。1日ヤシの木の下でボーッとしてる人もいる。「何なんだろうか?彼らは何してるんだろう?」その答えを見つけようと必死に考えたが無理だった。今でも出て来ない。明らかに僕は日本と違う習慣の国に来てしまったというのを一刻一刻感じるのであった。
そして泊まった日本人経営のホテルは全4室(だったかな?)でレストランも併設。シャワーの水はデカいバケツに溜められてあった。水道はあるんだが、これで体洗うの???また停電がよくあるのでと忠告された。現に買ったチーズを部屋の冷蔵庫に入れて置いたらドロドロになっていた。幸いこのホテルは発電機があったので「停電してま〜す」と言えば発電機をまわしてくれた。後々行ったダウンタウンのスーパー、アイスクリームはみな変形している。それは停電してたため溶け、電気復活後にまた固まったからだ。そのスーパー、賞味期限切れの商品が陳列されていたのも日本の常識とは違うなと思うのであった。第4弾へ続く。

公式Facebookページ

 

私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由シリーズ②

[ ■ 日々の事 ]

DSC_5125.jpg

【私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由シリーズ②】第2弾まで続くようになりました。僕がミクロネシア連邦(FSM)へ行くキッカケはたまたまグアムに行くときに機内で出会った日本人のホテル経営者に誘われたというのと、学園を通じて馴染みのある国だったというのがあげられる。行くのが途上国だしホテル経営者もさらに現地でやるときに使うダイビングショップも日本人スタッフだったというのが心強い。でもFSMは途上国。途上国と言えば「臭い」「汚い」「貧乏たらしい」と言う印象で絶対に無縁だと思っていたな。
さてFSM各島へはグアム経由で行くのだが、グアムまでの飛行機は日本人ばっか。しかしグアムで乗り換えて、そこから先の便、グアム行きと同じコンチネンタル航空(現ユナイテッド航空)なのだが客層が一層する。浅黒くて体のデカい人たちばっか。車椅子の客も多い(後々わかるのだが糖尿病の率が多いので)。もう搭乗前の雰囲気と言えば不気味感満載だというのが最初に印象。だがグアムから先の便もB737のジェット機なんで安心。
そしてFSMのチューク諸島(トラック諸島)へ初上陸。写真はコスラエの空港ターミナルの写真を駐機場側から撮ったのだが、どの島の空港も同じデザインなのでチューク空港もこれに同じ。飛行機からはタラップを利用して降りターミナルの入管へ向かうのだが、写真の赤矢印の金網には出迎えの現地人がいっぱい、それこそ金網に張り付くようにして見守っているではないか!それままるで動物園のサルのよう。またまた不気味感満載だ。正直言って来ちまったって感じだ。
入管、荷物を受け取り、税関を済ますとホテルのオーナーとダイビングショップが出迎えに来てくれていてひと安心だ。ショップのスタッフは「グアムが百倍都会に見えるでしょう」と。いや百倍どころじゃない。僕の上陸した感想は「なんか大変なところに来ちゃったよ」だ。因みにこの時点ではプロ写真家ではありません。以上が上陸までの話しで、また続きそうです。

公式Facebookページ

 

私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由シリーズ①

[ ■ 日々の事 ]

コロナウイルスの影響でまったく引き籠もりになっているので。よく聞かれることについて。私がミクロネシア連邦へ行くようになった理由、その理由よく聞かれます。最初ダイビング自体にハマってて毎週伊豆に行ってました。ライセンス獲りたての時です。毎週伊豆通いはスゴイことだろうと思い、仕事先にいたベテランダイバーに自慢したら、なんとゾクゾクと海外の地名がでてくるではないか?マーシャル諸島マジュロ、そしてミクロネシア連邦のトラック諸島(チューク)と。トラック諸島を検索してみたら旧日本海軍の船が沈む場所でアドベンチャーというか結構おっかなそうという印象もあった。しかしトラック諸島と言う名前は歴史上知っていた。それに僕の母校の学園は1976年からミクロネシア連邦、特にトラック諸島と密接な関係があるので地名は知っていた。
ある時、金銭的に手頃で行けるグアムに行く時、たまたま隣りに席に座っていた日本人がトラック諸島で小さなホテルをやっているので遊びに来なさいと声をかけてくれた。その方、あまり隣りに日本人が座ってても声をかけないそうだが、この時は別だったそうだ。僕にとってもそれが運、以降ミクロネシア連邦へ行くこと三十数回になってしまった。このシリーズ続くのか?<2020年3月24日記>

 

日本の技術

[ ∟チューク諸島での活動 ]

_DSC2682.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島に沈む日本軍の飛行機「二式大艇」という水上飛行艇。もちろん国産機です。戦時中米軍はそんな名前知るよしもなかったので「Betty」という名前を適当に付けて呼んでいます。写真は機首の部分ですが、両翼にはプロペラが四つ付いています。
今や飛行機って言えばボーイング社かエアバス社ですが、当時は日本も飛行機を作る技術があったということを証明してくれているようです。残したい歴史遺産でもあります。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

ミクロネシア連邦の運動会

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_2624.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイで毎年9/11に行われている集落対抗の運動会です。ちなみに運動会はUndohkaiで通じます。
こちらの選手はオリンピックなどの世界大会に出られるほどの力もなく、その分の出場枠もないことから、島対抗あるいは集落対抗のこうしたイベントが多く行われています。中には裸足の選手もいるくらいです。
お客さんは相手集落の悪口とも言ってもいいくらいの野次合戦だそうでこれがけっこうおもしろいそうです。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

ウエザーステーションの今後

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC0014-2.jpg

小笠原諸島の父島です。ウエザーステーションと呼ばれるこの場所は今では日中ザトウクジラの観測ができ、夕方になると夕陽が綺麗に見える場所であります。
ただ一昨年東京都は令和元年の予算のなかに、小笠原空港開港に向け、その調査費を計上したと公表しました。もし予定されている場所に空港ができた場合、ウエザーステーションは航空障害になるというう理由で撤去されてしまうそうです。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

豊かな気持ちになれる海

[ ■ セブ島放浪中 ]

DSC_7902のコピー-2.jpg

フィリピンのセブ島はどこをダイビングしてもその豊富な生物相には圧巻です。さすがコーラルトライアングルの一端だけあるなと感じます。
そして生物が豊富だとそこの海は実に明るく、ダイバーの気持ちも明るく豊かにさせてくれる。

セブ島放浪中の過去の写真

公式Facebookページ