*** Facebookページのお知らせ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2013-06-04 17.25.25.png

この度、南海の放浪カメラマン/フォトジャーナリスト道城征央(Masa Michishiro)のFacebookページを開設することになりました。FacebookページははFacebookのアカウントがなくても見ることができますので、ぜひともご覧ください。

●「南海の放浪カメラマン」Facebookページを見るにはココをクリックしてください。

【Facebookページになっても!】
■なおFacebookページには、撮影した写真の閲覧、コラムなど今まで通りのものをアップロードさせていきます。
■また講演、セミナーなどの情報なども載せております。

 

講演・セミナー・イベント依頼問合せ

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ ■What's new ], [ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

取材レポート

[ ■What's new ]

取材した先々の記事になります。

太陽油脂株式会社取材
温暖化に異議を唱える渡辺正氏(東京理科大学)取材
「美ら海振興会」会長 松井さとしさん取材
環境保護の姿を見る/WWFジャパン取材
捕鯨問題を語る 森下丈二氏(国際水産資源研究所)
環境省「生物多様性戦略室」取材
鬼頭秀一環境倫理学教授(東京大学名誉教授)
月尾嘉男教授(東京大学名誉教授)
中越パルプ工業取材

 

2017年カレンダー販売中

[ ■What's new ]

IMG_4703 (2).jpg

2017年のカレンダー「The Great Escape」を販売いたします。
一部1,200円(税込み、送料別)になります。
ご希望の方はメールで連絡ください。
形状は大きめの卓上サイズです。月齢も載せていますので、マリンスポーツやレジャーを楽しむ人には良いでしょう。なお使用後はポストカードにもなります。
使用写真のロケ地:チューク諸島(ジープ島含む)、ポンペイ、コスラエ以上ミクロネシア連邦、西表島、石垣島、小笠原諸島母島になります。

公式Facebookページ

 

ミクロネシア連邦ポンペイのプロモーション開始【2017/1/17】

[ ■日々の事 ]

全体.jpg

なかなか行きづらいというデメリットもありますが、現在私の方で水中カメラマンでありながらミクロネシア連邦ポンペイ(旧ポナペ)のプロモーションを行っております。
そして行きづらさに反して、カメラマンとして感じたことがあります。それはここではありのままの自然を感じることができる島とも言えます。「海」「滝」「ジャングル」「サンゴ礁」と言ったキーワードは「生物多様性」を実感できることを示しており、さらには多くのアクティヴィティを体感できるでしょう。
つきましては以下のようなパンフレットを作成し、現在各所に配布しております。この記事を見てご希望の方にはお送りすることもできます。
昨年12月、四谷三丁目の「ソケースロック」で開催されたイベント(カマテップ)に始まって、今年の5月にはポンペイ写真展を開催する予定です。
現在ポンペイに関係する旅行会社各社と色々と進められるように企画などを検討している最中です。詳細は後日。

公式Facebookページ

 

日本の水上飛行艇が沈むミクロネシア

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

DSC_2593.jpg

ミクロネシア連邦はチューク諸島に沈んでいる日本の水上飛行艇です。同型機はサイパンにも沈んでいますが、こちらのはしっかりとその形も残っています。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

恥ずかしそうなミクロネシアの子供たち

[ ■ コスラエ ]

DSC_0016-1.jpg

ミクロネシア連邦はコスラエにいた現地の子供たちです。
最初は恥ずかしそうにしていたんですが、そのうちこれくらいのポーズをとってくれるようになりました。南洋の子供は大抵カメラ向けると「撮ってくれ」と言わんばかりに、かなり集まって来てポーズとりますが、ここコスラエは違いようです。恥ずかしそうな子供ばかりです。

公式Facebookページ

コスラエの過去の写真

 

食べられる魚が住む海/味の素の活動から[動画]

[ ➡ 与那国島の活動 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

与那国パヤオ-2.jpg

動画はこちらからご覧下さい
味の素(株)では沖縄の与那国島でカツオの回遊調査をやっています。カツオなど私たちが食べられる魚はスキューバーダイビングで観賞する魚とは違って大体沖合にの潮流の速いところにいます。沖合に浮かぶ漁礁での撮影のために海に入ったのですが、流れが速すぎて漁礁にたどり着くことはできませんでした。
食べられる魚と観賞するための魚とでは、これだけ住んでいる場所の違いがあります。

公式Facebookページ

 

和歌山・太地町でのイルカ問題ニュース【2017/1/6】

[ ■日々の事 ]

http://www.bbc.com/japanese/38515142?SThisFB

和歌山の太地町がこれまでにどのような対応をしていたかは、実際に太地町に行って話を聞いたわけではないから何とも言えない。ただもしかしたら環境保護団体のような「部外者」が入り込むようなスキがあったのかも知れない。
これはどの街や地域にも言えることだけど、みなさんが住んでいる街、みなさんが関わっている街は、そこに住む関わるみなさんで何とかしようと考えないと「部外者」がイチャモン言ってくる。
私の周りの都内のダイブショップなんかも「サンゴセミナー」を開いてその重要性を説いている。さらにはサンゴ植え付けツアーも開催している。沖縄県外の人に沖縄のサンゴの状況を知ってもらうにはいい機会だし重要だが、その観光資源としの重要度のもと保全を考えたり、あるいは「サンゴなんて無くてもいいや。それよりもリゾートで儲けよう!」とも考えるのは我々ではなく沖縄県の人だと思う。保全あるいは無くす、どっちも正論。ただ地域にたずさわる人たちで議論してしっかりした結論を出さないとこのような「部外者」が入り込んでくること間違いない。
東京に住む者はサンゴ保全を考えるよりも、まずは町内会のゴミ拾いでもしなさいと言うのが私の環境保全論なんですがね・・・・・・。

公式Facebookページ