[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物がるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店
■普通 口座番号2118550
■名義 道城征央(ミチシロマサヒロ)

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む






以下は不定期ならがら更新している記事写真になります。

↓      ↓     ↓

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■What's new ], [ ■日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

目黒川沿いの定期清掃の案内【2019/4/17】

[ ■日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_6536.jpg

私がおこなっている地元の定期清掃です。海洋ゴミ、とりわけマイクロプラスチックの80%は河川由来と言われています。プラスチックに含まれているビスフェノールAなどの環境ホルモンは人間の生殖ホルモンに対して撹乱を引き起こす原因になると言われ、我々の子や孫にも影響があると言われています。どなたでも自由に参加できます。
詳細はココから

 

意識の高い島民【201904/11】

[ ■日々の事 ]

_DSC2113.jpg

_DSC2127.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島では徹底したリデュース、つまり発生抑制に努めています。現地NGOチューク女性評議会では島民に使ってもらうためのマイバッグを作っています。
ゴミ問題解決のひとつにリサイクルという方法がありますが、狭い島ではリサイクル施設を建設するほどの土地もお金もありません。ならば根本的なところとして「もう出さない」、つまりリデュースというのが取り入れられています。こちらでは案外ご婦人方の関心度が高いです。それは「いずれ私たちの子供や孫に対して健康被害としてかえってくる」と言います。

公式Facebookページ

 

圧巻の群れ

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC0577.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイ島ではリーフ際でどっさりとギンガメアジの群れを見ることが出来ます。際という崖のような地形になっているため、また流れによっては逃げ場のない群れが向かってきます。まさに圧巻です。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

花見客のゴミその2【2019/4/8】

[ ■日々の事 ]

IMG_7204.jpg

IMG_7199.jpg

先週に引き続き4/6,7日も中目黒アトラスタワー交通広場において春祭りが開催さあれました。
エコステーション設置による活動の紹介はココからご覧下さい

公式Facebookページ

 

放置されたゴミは人に還ってくる【2019/4/5】

[ ]

_DSC3976.jpg

_DSC3990.jpg

_DSC3994.jpg

目黒川の桜並木は午後9時までライトアップされていますが、その後も人はいます。そして捨てられたゴミは放置されたままです(と言っても徹夜で警備しているんで回収するでしょう)。
自分たちのおこないが環境ホルモンとして我が身に還って来るというのが何となくわかります。それによって不妊症、子宮内膜症、精子の奇形などで子供が産まれないという話しを聞きますが、その一端もこういうところにあると思っています。
人間は産まれてくる我が子よりも一時期の吞みとその酔いの方を優先する動物らしい。ゴミは人類存続の問題であります。

公式Facebookページ

 

花見客のゴミ【2019/4/1】

[ ■日々の事 ]

IMG_7167.jpg

IMG_7161.jpg

1枚目の集合写真。本日「中目黒美化委員会」による目黒川沿い桜並木の清掃活動を実施しました。
■詳細はココから見ることが出来ます。

2枚目の写真は土日に設置したエコステーションで受け取ったゴミの総量です。70リットルの袋で60袋ほどでしょうか。
■詳細はココから見ることが出来ます。

マイクロプラスチックの80%は河川由来であると言われています。たった5mm以下の大きさと言われているマイクロプラスチックですが、環境ホルモンなど私たちの人体に悪影響を及ぼす可能性が高いと言われています。

 

ゴミの放置【2019/3/29】

[ ■日々の事 ]

_DSC3718.jpg

_DSC3725.jpg

私が住む中目黒は今の時期桜の名所となり花見客が非常に多いです。今年は定期的な清掃活動も入っていることでゴミの散乱はあまりないですが、時折写真のような光景を見ることができます。
マイクロプラスチックなど海洋ゴミの80%は河川由来と言われています。それらが将来環境ホルモンとして私たちの身体に戻って来ることを考えると、このような捨て方はどうかと思います。

公式Facebookページ

 

清掃活動の最強グッズを入手【2019/3/28】

[ ■日々の事 ]

IMG_7132.jpg

IMG_7130.jpg

ゴミ拾いのためのワッポイという最強グッズを入手しました。これでゴミ袋の口を広げたまま清掃活動ができます。
使ってみて具合が良ければ9月におこなうマイクロクリーンアップキャンペーンのポンペイ島、コスラエ島での活動でも取り入れてみようと思っています。

公式Facebookページ

 

マーシャル諸島は楽園であり・・・・・・

[ ■ マーシャル諸島共和国 ]

DSC_6802.jpg

マーシャル諸島共和国のマジュロ環礁です。まるでこの世の楽園という感じがします。マーシャル諸島共和国は29の環礁からなり立つ国で、その狭さから水没する恐れがあるのがここマジュロであったり、あるいは「太平洋のゴミ箱」と呼ばれているイバイ島があったり、あのビキニ環礁があったりします。

公式Facebookページ

マーシャル諸島の過去の写真

 

ミクロネシアの写真展を開催【2019/3/25】

[ ■日々の事 ]

IMG_7125.jpg

IMG_7122.jpg

ギャラリーの内覧に行ってきました。7/15の祝日から20日(土)まで中目黒で写真展やります。真っ昼間からお酒も呑めるギャラリーです。
しかし個人で写真展を開催させるのは何年ぶりでしょうか?前に所属してた団体のグループ展には出展してましたが今回色々な事柄と自分の精神的な面というかマインドの面でタイミングが合いましたのでやることにしました。展示内容はミクロネシアです。「最後の楽園・・・」というタイトルになるでしょうが、かなめは「・・・」の部分でして島の「明暗」を表現します。その明暗を考えるきっかけになったのがここや島での清掃活動でその辺も表現するつもりです。
本当は去年やるつもりだったんですが断ってしまった。写真表現者としてテクニックとマインドがうまくミックスされないとやりたくないんでね・・・・・・。露出の値がどうだとか、年に一度のチャンスを撮れたとか、ドローン使ったとか、可愛い魚とか、そういうのは興味なく、あくまでもマインドの問題が良い状態ですのでやります。表現の自由がる以上何やっても良いという特典があるのだから、アッと思わせたくもありますし、普通とは違う感覚というのもくみ取ってもらいたいです。詳細は後日!

公式Facebookページ

 

桜満開前に思うこと【2019/3/23】

[ ■日々の事 ]

IMG_7110.jpg

目黒川沿いの桜が開花しだして賑わいも増しています。当地区のバナーも完成しつつあります。
ところで環境問題を地球レベルで考える人もいるのですが、そんな大きな領域ではなく自分が根を下ろしているところを中心に考えるべきだと思います。我が町も今やSDGsを考えた桜の祭りですから。小さな地域でSDGsという世界レベルのことを考えるのはすごく良いことでしょうね。
地球レベルで自然環境を語るのも良いですが、解決はしませんよと言いたいです。反捕鯨、レジ袋反対、温暖化対策しべき、サンゴ礁は守るべき、などなどを考える前にアナタがいる目の前のことを考えるべきでしょうね。地球レベルの前にみなさんの町会とかそのレベルで考えた方がいいでしょうね。やみくもに自然がヤバイとかと煽るべきではない。

公式Facebookページ