[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

■また諸々、私への連絡は以下のメールアドレスからお願いいたします。
info@ordinaryworld.jp

 

[[中目黒村美化委員会へもご参加ください]]

[ ■ What's new ]

Collage11.jpg

ミクロネシアでの環境活動以外に、私の生地である中目黒(東京都目黒区)では中目黒村美化委員会という清掃活動をする任意団体を作り、2018年より毎月活動をしております。
中目黒地区には目黒川が流れており、桜の時期を中心に多くのお客さんが地区外からいらしてます。そして外部から人が来ることによって起こる慢性的なゴミ問題、それを解決するために結成しました。どなたでも参加きでますので、興味ある方は連絡ください。

 

*** FBページ写真(アルバム)/note ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各訪問地をまとめてみることができます。



logo.png

noteも始めています。旅行記など読み物のような雰囲気にしています。どうぞご覧ください。

 

講演・セミナー・イベント依頼問合せ

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

水中カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は2011年3月の東日本大震災以後、「人と自然との関わり方」をテーマに講演、セミナー、ワークショップを開催し、自然の大切さ、また時としてそれは牙をむくということを話しております。
しかし環境問題には多くの利害関係が発生します。私自身、環境学、海洋学、理学の専門家ではありません。よって私のセミナーでは自身が撮った写真を多く見せながら皆さんとともに考える、意見を言ってもらう方式をとっております。専門家ではないからこそ、お客さんも自由に物を言える、そんな雰囲気でおこなっております。

【主な講演テーマ】
セミナー、講演の進め方として、私は水中、陸上を撮影するカメラマンでもありますので、
自身で撮影した写真100枚ほどのスライドを使って話しをしております。
そして私がセミナーや講演で取りあげるテーマとして
■「サンゴ、サンゴ礁」 ■「生態系、生物多様性」 ■「ミクロネシア文化」 ■「クジラ、イルカといった鯨類の生態」 ■「捕鯨問題」 ■「日本の水産資源ととその管理」 ■「小笠原諸島から見る世界遺産登録への道程」 ■「小笠原諸島の成り立ち」 ■「海洋国家と呼ばれる由縁」 ■「地域社会から発信する環境保全問題」 など合計で十数テーマになります。


【対 象 者】

保育園、小学校、中学校、高等学校、大学、企業家から企業研修、社会人(ダイビングを楽しまれる方、未経験の方)


【問い合わせと相談窓口】

ご日程、テーマ、ご予算などに関しては以下よりメールでお問い合わせください。
連絡先:info@ordinaryworld.jp


DSC_0108 のコピー.jpg

■自身主宰の自然環境セミナーは以下のふたつになります。
「エコ・自然塾」:多くの有識者、研究者とを繋いでオンラインで開催中。
「めぐろエコサロン」:東京目黒区内で完全対面型のワークショップになり、私はファシリテーターになります。
→両セミナーの開催状況は随時ここで発表いたします。

 

*** JICAによる「mundi」のWEBギャラリー ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-01-29 15.23.44.jpeg

2018年、独立行政法人国際協力機構(JICA)の広報誌「mundi」の中にある『地球ギャラリー』というコーナーに僕がミクロネシア連邦ポンペイで行っている環境活動「マイクロクリーンアップキャンペーン」のことが掲載されましたが、今回その『地球ギャラリー』がWEBギャラリーになりました。本日公開で誰でも閲覧できますので以下のURLから見てください。
現在このキャンペーンの活動は止まっていますが、活動地域は同国のチューク諸島、コスラエ島までに拡がり、次のプロジェクトを再開させるだけです。

公式Facebookページ

 

*** ミクロネシアと地元と自分の関係【東京新聞】 ***

[ ■ 日々の事 ]

IMG_0823.jpg

ミクロネシアでの活動と地元中目黒での活動もミックスされ、オンとオフがなくなりつつある自分ですが、そこは記者の方がうまくまとめてくれました。
本日発売の東京新聞「ひと ゆめ みらい」というコーナーに登場です。
どちらかと言うと欧米寄りになっている日本ですが、先人と深いつながりのあるミクロネシアをはじめ大洋州オセアニアに私たちはもっと目を向けるべきでしょう。東急の五島昇もそう言ってたようにです。そして世の中にある問題の解決は世界規模のことではなく、足下にある問題からです。

公式Facebookページ

 

*** Gyoppy!からインタビュー ***

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

Yahoo!JAPANによる「海の豊かさを守ろう Gyoppy!」にブルーシップでインタビューされたもに加筆して再掲載されています。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 九州大の磯辺先生、JICA担当者との対談 ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-07-09 12.27.51.jpeg

海洋物理学の磯辺先生(九州大)と私、そして国際協力機構(JICA)のゴミ廃棄物の担当者との対談形式のインタビューになります。マイクロプラスチックの専門家と民間活動をしている私、そしてゴミ廃棄物の専門家という面白い3者対談です。
ダイビングをやる人、漁業など海で仕事する人・・・・・・だけではなく皆さん共通の問題だと思います。既に公開されてますので、是非ご覧ください。


 

争う西表島のサンゴ【2022/9/23】

[ ■ 西表島 ]

_DSC8778.jpg

西表島の海には様々な色彩、形のサンゴが無数に存在しています。所によってはサンゴ自身、居場所を確保するためにギュウギュウな状態になっている他、サンゴ同士で争いもしています。それはまるでパズルのピースが合わさるような感じになっていて、各々の存在をアピールしています。実に不思議でありますし、脅威も感じます。

西表島の過去の写真

公式Facebookページ

notoやっています!


 

ビーチクリーンの日【2022/9/22】

[ ■ 日々の事 ]

_DSC9906-1.jpg

今日は『ビーチクリーンの日』だそうです。写真はミクロネシア連邦コスラエ島で清掃が終わってゴミを載せて帰ってくるカヤックです。カヤックが並んで帰ってくるこの写真、実に壮観ですね。
この島はマングローブに囲まれているので、ビーチだけではなくカヤックを使ってマングローブの水路も清掃しました。
今日は『ビーチクリーンの日』だそうです。私はミクロネシア連邦ポンペイ、コスラエの二つの島でも清掃活動を行っています。
写真はミクロネシア連邦コスラエ島で清掃が終わってゴミを載せて帰ってくるカヤックです。カヤックが並んで帰ってくるこの写真、実に壮観ですね。
この島はマングローブに囲まれているので、ビーチだけではなくカヤックを使ってマングローブの水路も清掃しました。

公式Facebookページ

notoやっています!

 

環境問題へのジャンプは無謀【2022/9/20】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_1849.jpeg

先週の『World Cleanup Day』の模様です。最近では僕がやらなくても皆さんが分別とかを進んでやってくれます。
中目黒村美化委員会も参加者各々でこの団体の利用の仕方があると思っています。「弊社はこんな社会貢献活動をしています」「ボランティアは弊社にとって義務ですので毎回参加しています」などです。あるいは「ただ単に人に会いたいから」でも良いです。
そして今後は単なるゴミ拾って気候変動やマイクロプラなどの環境問題へ意識高めるだけではなく、行き場が無い人、社会から疎外されている人、いじめられている人、そう言った人たちのセーフティネットに『中目黒村美化委員会』や『めぐろエコサロン』をしていきたいと思っています。
個人的には社会の問題の先に環境問題があると思っています。社会の問題を解決せずに環境問題へジャンプすることは無謀だと思っています。それが水中カメラマン/フォトジャーナリストであり、当団体の主宰者の私の考えであります。

公式Facebookページ

notoやっています!

 

World Cleanup Dayの活動とその後のオンライン座談会【2022/9/18】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_1850.jpeg

『World Cleanup Day』当日である9/17も中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されました。ようやく酷暑も去って、多少はやりやすくなったのではと思っております。
今回は社会福祉法人めぐろボランティアセンターの応援によって、過去最高の総勢36名が参加してくれました。
終了後はセブンイレブン中目黒アトラスタワー店さまよりドリンクが振る舞われました。ご参加いただきました皆様ありがとうございます。
ecosalon のコピー.jpg

そして午後は3時から東京(中目黒村美化委員会)、気仙沼、インドネシアとをオンラインで結んで座談会を開催いたしました。
action.jpg

右上の写真は中目黒村美化委員会の活動のなかで見られた空き缶ゴミ。都会は空き缶ゴミが非常に多いのです。
左上は気仙沼で見られた漁網、漁具などのゴミで、海岸の街らしい一面でもあります。その下は現地の中学生が昨日9/17に海岸清掃をしているところであります。
ゴミは街の特徴を実によく捉えています。もちろん都会に漁網などのゴミはありません。
今後もゴミのない世界を目指し、各自で活動をしていきたいですね。

公式Facebookページ

notoやっています!

 

オガサワラオカモノアラガイの交尾

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC1664.jpg

小笠原諸島に棲息するマイマイ(陸産貝類)の95%は固有種と言われています。
写真はオガサワラオカモノアラガイです。父島では絶滅し、母島にしかいません。そして比較的標高の高いところにいるので周囲は湿気が多く、そのため殻が退化してしまっているマイマイであります。
ここでは2個体見ることができ、折り重なっていて、まさに交尾の最中です。マイマイは進むスピードが遅いため、出会った個体と確実に交尾を成し遂げたいため、ひとつの個体の中に精子と卵子を作ることができるそうです。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

notoやっています!

 

適応放散を見に小笠原諸島母島へ【2022/9/15】

[ ■ 日々の事 ]

maimai.jpg

昨年の3月以来の小笠原諸島母島へ行ってきました。昨日無事に帰宅しました。初めてダイビングしない小笠原諸島母島でした。しかも1航海!
『適応放散』と言う言葉が進化生物学の世界にはあります。それが何かを証明することの出来る生物はオーストラリアの有袋類やガラパゴス諸島のダーウィンフィンチ、そして小笠原諸島だとマイマイ(陸産貝類)です。しかも小笠原諸島にいるマイマイの95%は固有種でもあります。
チャールズ・ダーウィンの『進化論』に始まる生物の進化の魅力にまたとりつかれそうです。マイマイも昆虫も魚もすごくて、全ての生き物が最高品質な位置に存在しているのです。決して人間だけがエライんではないのです。また「百獣の王ライオンが食物連鎖の頂点にいる」とか「サメは海の王者」なんていうのは間違った考え方であります。

公式Facebookページ

notoやっています!

 

石垣島の樹下美人

[ ■ 石垣島 ]

_DSC1190.jpg

石垣島の北部にあるダイビングスポットで「樹下美人」と呼ばれています。
単なるサンゴの塊ではなく、T字のような形をしたサンゴの根であります。浅いところは水面にサンゴが映るくらいの深度ですが、T字の縦棒の部分はもう少し深くまで伸びています。
写真ではT字の全体像は映っていませんが、小魚が群れていて癒やしのポイントでもあります。

石垣島の過去の写真

公式Facebookページ

notoやっています!