[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

JICAによる「mundi」のWEBギャラリー

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-01-29 15.23.44.jpeg

2018年、独立行政法人国際協力機構(JICA)の広報誌「mundi」の中にある『地球ギャラリー』というコーナーに僕がミクロネシア連邦ポンペイで行っている環境活動「マイクロクリーンアップキャンペーン」のことが掲載されましたが、今回その『地球ギャラリー』がWEBギャラリーになりました。本日公開で誰でも閲覧できますので以下のURLから見てください。
現在このキャンペーンの活動は止まっていますが、活動地域は同国のチューク諸島、コスラエ島までに拡がり、次のプロジェクトを再開させるだけです。

公式Facebookページ

 

** マリンダイビングウェブでの紹介 **

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2022-01-13 10.58.23.jpeg

老舗ダイビング雑誌「マリンダイビング」がなくなり、現在ウェブ版「マリンダイビングウェブ」としてリリースされています。
そこでプロカメラマンを紹介するコーナーがあり、自分も紹介してもらっています。ココからご覧ください

 

Gyoppy!からインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

Yahoo!JAPANによる「海の豊かさを守ろう Gyoppy!」にブリーシップでインタビューされたもに加筆して再掲載されています。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

九州大の磯辺先生、JICA担当者との対談

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-07-09 12.27.51.jpeg

海洋物理学の磯辺先生(九州大)と私、そして国際協力機構(JICA)のゴミ廃棄物の担当者との対談形式のインタビューになります。マイクロプラスチックの専門家と民間活動をしている私、そしてゴミ廃棄物の専門家という面白い3者対談です。
ダイビングをやる人、漁業など海で仕事する人・・・・・・だけではなく皆さん共通の問題だと思います。既に公開されてますので、是非ご覧ください。

 

2/19の「エコ・自然塾の案内

[ エコ・自然塾のお知らせ ]

ecohyoushi.jpeg

2022年第1回目の「エコ・自然塾」になります。今回は気仙沼とZoomで結んで開催いたします。
詳細はココからご覧ください。
※対面型、オンライン型での開催ですが、コロナの状況によっては開催方法を変更させて頂く場合があります。

公式Facebookページ

 

地元、中目黒での活動【2022/1/18】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_0996.jpeg

まん延防止が出ている中ですが、中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃は予定通り実施されました。
ゴミの撤去は、残飯などをあさる外来の生き物などを遠ざけ、人が保菌者であるだろう彼らとの接触をなくす機会であります。つまり都市からゴミがなくなれば、新興感染症によるパンデミックも起こらなくなるでしょう。
今日の活動の詳細はココからご覧ください

公式Facebookページ


 

小笠原諸島独特なクマノミ

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC4240.jpg

小笠原諸島の名物と言えば真っ黒に白線のクマノミだろう。まったく黄色が入ってないのが、ここのクマノミの特徴。「生物多様性」は三つのレベルで考えられている。その三つの中に「遺伝子の多様性」というのがある。貝殻は一つ一つ模様が違っていたり、ホタルは東日本と西日本とでは発光の仕方が違うという。小笠原諸島のクマノミも遺伝子レベルで他の地域で見られるクマノミとの違いを表していて、実に面白いと思う。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

地元での清掃活動終了【2022/1/8】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_0956 (1).jpeg

本日は今年最初の中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されました。しかし寒かったです。
講師をやってる専門学校の生徒は寝坊して、清掃自体には参加できませんでしたが、それでも駆けつけてくれました。
今年でこの活動も5年目に突入!緊急事態宣言、外出自粛要請期間であっても、雨以外での中止は一度もなく、常に実施しているのが特徴。皆さん、無事に(と言う言い方も変ですが)年を越され、元気な顔を見せてくれました。このような活動は「焼け石に水」かも知れません。また海洋ゴミ、プラゴミなど難しい問題はさておいて、この街に関わっている人の「アイデンティティー」になれば良いと思っています。なので緊急事態宣言でも自粛要請期間でも継続させているのです。
ご参加いただきました皆様ありがとうございます。
公式Facebookページ

 

12日で走破のザトウクジラ

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC0498.jpg

2022年もよろしくお願いします。小笠原諸島以外でもザトウクジラ南下の頼りが届いていますね。
ちなみにザトウクジラはアラスカあたりから約4,000kmを泳いできます。まったく寝ないで泳ぎ続けるとした場合、約12日でやってきます。北島康介もかないません。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

今年見た和田浦でのクジラ解体[動画]

[ ∟和田浦・小型鯨類捕鯨 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

wada-hogei-2.jpg

動画はココからご覧ください。
動画は千葉県、和田浦で行われているツチクジラ漁の解体です。これは今年の夏に見学したものです。解体するだけにその作業をする人のことを解剖士と呼ぶそうです。
最近では生き物の解体を見せてくれる所はありません。見せてくれても「SNSにはアップしないで欲しい」と言われます。
感情論だけでモノを言って、威圧的になっている愛護団体の存在が影響していますがそれは残念ですね。
反面、ここでの捕鯨は「地域の食文化」をになうひとつとして、今でもおこなわれ、解体は小学生などにも見せているそうです。

公式Facebookページ

 

今年最後の活動【2021/12/24】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_0904.jpeg

本日は今年最後の中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されました。皆さんありがとうございます。
都会に住む者が気にかける環境問題は、ゴミ問題をはじめ、フードロスの問題、レジ袋の問題・・・とあり、沖縄の人の環境問題はサンゴ保全などがあると思います。環境問題はその土地その土地で様々だと思います。都会の人がサンゴの問題など遠い世界のことを気にかけることも重要ですが、まずはその土地特有の問題解決の方が先決だと思います。
そしてコロナ禍なので分科会などは人を集めるなと言うでしょうが、それは違います。この活動の参加者の中には一人で暮らしている高齢者もいます。引きこもりになりがちと言ってました。そのためには対策さえすればコロナも大したことないと思います。それよりも色々な世代が集まることが重要です。
来年の美化委員会の日程などは以下URLよりご覧ください。
詳細はここからご覧ください。

公式Facebookページ

 

国際支援は無駄か?【2021/12/23】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_0893.jpeg

_DSC8882.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイにあるゴミの最終処分場で、日本による支援でできあがった。同じ構造の施設は隣のコスラエにもある。福岡方式という処分場で、ゴミの分別後、自然に還るものだけがここで埋められるのだ。しかし実際にはその運用は崩れ、全てのゴミが捨てられているという事態になっている。
一昨日麗澤大で行われた「SDGsフォーラム」での講演してきた。この大学はミクロネシア連邦ポンペイで一緒に環境活動をしています。講演タイトルは『SDGsをベースとした生物多様性の保全の考え方』。
講演後、学生から「ちまちまと支援しても彼らのマインドが変わらない限り、必ず運用が乱雑になる。なので支援は無駄」と言う意見をもらった。
大洋州オセアニア地域の島国14ヶ国はGDPで言うとどこもワースト20位にはいるくらい貧しい。しかし人々から悲壮感を感じることはない。人々のつながりもあり共助の精神もある。日本人以上に幸せかも知れない。
確かにゴミの問題は良くないが、国際支援の元に先進国が手を貸すのはどうかと思う時がある。「このままで良いんじゃない」と。そしてSDGsで言うのなら日本国内にも貧しい人はいて、そう言う人も支援すべきだろう。
国や支援者はそこをはき違えるべきではないと思っている。もちろんODAの理念は世界のGDPアップであり、そうすることが戦争回避へ繋がるのだが、幸せの基準はそれぞれで良いのでは?