[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

南北問題ではなく北南問題

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC8982.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイ島の子どもたちです。
とあるセミナーで南北問題の話しを聞いた。先進国の豊かさは途上国の犠牲にあると言う。しかしそれがすべてに当てはまるわけではない。南太平洋の島嶼国はどこもジリ貧な財務状況であるが、決して不幸というわけではない。幸福度は子どもの顔を見てもピカイチである。
豊かさ=お金の量でそれ原資にしてビルが建てられ、ネットができ、欲しい物は何でも手に入りと何不自由なく生活できるという考え方の方が心寂しく感じる。
なので心の豊かさを見るのなら立場は逆転し、北南問題と言った方がいいだろう。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

MSC認証【2019/11/27】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_7759.jpeg

マクドナルドのフィレオフィッシュにMSC認証のラベルがつくようになりましたね。

公式Facebookページ

 

エコステーションの手伝い【2019/11/25】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_7752.jpeg

IMG_7754.jpeg

IMG_7755.jpeg

IMG_7753.jpeg

昨日は、目黒区で目黒シティランという区民マラソンがおこなわれました。それに伴いナカメスポーツフェスも開催され音楽やダンスなどのイベントがおこなわれつつ、飲食ブースも出店。私が講師を務める専門学校の学生もエコステーションのスタッフとして手伝ってくれました。

公式Facebookページ


 

目黒川沿い定期清掃中止【2019/11/22】

[ ∟地元での活動 ]

中止の表紙.jpg

本日の中目黒美化委員会による目黒川定期清掃も中止!
詳細はココからご覧いただけます。

公式Facebookページ

 

ニコンよりカメラ提供していただきました【2019/11/21】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_7746.jpeg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」の一環で進めている「マイクロフォトプロジェクト」、簡単に言うとミクロネシアの人(学生ら)をフォトジャーナリストにするという計画、株式会社ニコンCSR部よりカメラ15台を提供してもらうことが出来ました。来年の9月にコスラエ、ポンペイで使わせていただきます。「気づき」「見直し」「確認」「反省」が出来るのはカメラ(で記録したもので)しかないと思います。
個人でやれる規模ではないくらい膨らんでいますが、もう後戻りは出来ない!気を引き締めて頑張っていきます。
彼らが撮った写真は来年11月に開催予定の私の写真展「最後の楽園は今」その第2回目に公表する予定です。
カメラの使い方など教えたり・・・・・・もうやることとプレッシャー満載です。しかし一流カメラマンが撮るより現地の人が撮るのが一番説得力あるしね。
写真の説明はありません。

公式Facebookページ

 

ジープ島の生き物

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

DSC_0130-1.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島にある周囲100mちょっとのジープ島、そのハウスリーフで撮ったテンスモドキです。ちょっとピンが甘過ぎるのですが、ジープ島にもこんな魚がいるのに驚き撮ったんだと思います。
ジープ島のハウスリーフ、底の方は25mと深い分、マクロ系を撮るにはその被写体を探すには良いです。
決して沈没船だけではないチューク諸島であります。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

今日もワークショップ【2019/11/18】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_0016.jpeg

今日は講師を務めている専門学校でもワークショップ。円卓になって意見を出し合います。テーマは清里ミーティングと同じ「捕鯨問題」についてです。
「日本の文化だから」「とやかく外部から言われたくない」「日本の発信の仕方が下手」などの意見が出ました。
清里ミーティングでは商業捕鯨再開に関しては反対の声でみな一致しましたが、学生たちはその逆で賛成の意見の方が多かったです。
賛成、反対と言った結論を導き出す議論ではなく、どれだけ多くの違った意見が出るかが重要であると思ってます。

公式Facebookページ

 

清里ミーティングへ参加【2019/11/17】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_7705 (1).jpeg

Collage_Fotor111.jpg

昨日まで日本環境教育フォーラム主催による「清里ミーティング」に参加し、私もワークショップを実施してきました。
「答えのない問い」「SDGsにとらわれすぎていませんか?」と言う主題があるなか、その「答えのない問い」というのが多様な世界に必要なことではないでしょうか?チコちゃんの言う「ボーッと生きてんじゃねーよ」だと思います。
またSDGsに関しても「2030年に17の目標が達成されたらそれで終わり?企業(人)によっては数個しか上げてない企業(人)がありますが、他のは目を向けなくて良いの?」と。よってSDGsに関しては改訂されましたね。
私がファシリテーターになるWSでは「持続可能にクロマグロを食べるためのクロマグロの養殖」と「商業捕鯨再開」に関して議論しました。
参加者昨年より少ないのですが活発に議論しました。「答えのない」と言ってもどこかで区切りもつけなければいけないので、賛成か反対かの決をとりました。「東京海洋大学の吉崎先生のやり方でのクロマグロの殖やし方は賛成多数」「商業捕鯨賛成に関してはゼロ」という結果でした。
清里ミーティングは行政、企業、個人、保護団体など色々な方が出ており期間中WS漬けで実に刺激が多いイベントであります。

 

投資セミナーへ参加【2019/11/14】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_7687.jpeg

IMG_7692.jpeg

IMG_7694.jpeg

昨日はミクロネシア連邦への投資セミナーに登壇し、国の自然や文化の講演をしてきました。ミクロネシア連邦には今2023年問題というのが差し迫っています。そこで数多くの企業を進出させようとしていて、既に多くの有名日本企業が子会社を作っています。
セミナーの内容は現地の税制や保険の話しばかりでしたので、その中での自然の話しを良いブレイクになったのではないでしょうか?
2枚目の写真はセミナー後のレセプションで会った四谷三丁目の「ソケースロック」の小林さん(左)、ミクロネシア連邦のパヌエラ大統領(左から2番目)、大統領のご子息(右)、3枚目は駐日ミクロネシア連邦大使(左)、駐ミクロネシア連邦日本大使と。

公式Facebookページ

 

マクロ系も豊富なポンペイの海

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC1259.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイにて。クロユリハゼは近づくことも許されないくらい非常に周囲に敏感な魚です。
マンタ、群れで知られているポンペイの海ですがマクロも豊富なので何か群れが来るまでちょっと水底を探してみるのも良い。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

雲海丸のマスト

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC2804.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島(旧名トラック諸島)に沈む雲海丸という日本の船、そのマストの部分になります。そのマストにはビッシリとサンゴが付き経過した年月を感じることができます。
歴史的にも貴重尾なので永久的になんとか保存してもらえると良いですね。
ところで今学校ではミクロネシアの話しをしている。避けて通れないのが1944年のトラック諸島で行われた米軍による「雹作戦」の話し。もちろんカメラマンなので写真と動画を見せながらの講義だけど、今の生徒にはどう映ったか?
こんな写真を見せてるとある生徒は「海に行って潜りたくなりました」と。彼はダイビングインストラクターの志望してて、土日も某東伊豆のサービスで修行しているそうです。ダイバー人口先細りのなか、少なからず私も貢献しているようです。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ