[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

ムチカラマツエビ

[ ■ ヤップ ]

DSC_0027.jpg

ミクロネシア連邦の東端ヤップ島はマクロな被写体も豊富です。現地にはYap Diver'sというアメリカ人によるホテル併設のダイビングサービスもあります。ゲストは外国人が多いのだが、外国人にありがちなアドベンチャーなダイビングだけではなくマクロを求める外国人ダイバーも多く、一畳ダイブもやらせてくれます。
さてこのムチカラマツエビはムチカラマツという造礁サンゴと同じ六方サンゴ亜綱に属するれっきとした動物に共生する甲殻類です。ムチカラマツ自体潮通しの良いところに棲息しているので、それなりに揺れています。そこにミリ単位のエビが乗っているとピントが合わせにくいです。広い海の中、ごくごく小さな点を狙うダイビングも楽しいですよ。

ヤップの過去の写真

公式Facebookページ

 

RainbownesiaTV第2回「ミクロネシアの魅惑の飲み物サカオ」

[ ■ 日々の事 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

サカオ画面ショット.jpg

Rainbownesia TVの第2回目はサカオを私が紹介しています。ミクロネシア連邦のポンペイで飲まれている趣向品であります。

公式Facebookページ


 

それは迷惑行為です

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_0032のコピー-2.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイはマンタが出ることで有名な島です。何個体ものマンタが連なって泳ぐ姿は圧巻でもあります。しかしこの写真からわかるのは、前にいる個体が後ろにいる個体に迷惑をかけているのではないだろうか?

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

近代化されてないからこそ人を感じられる島

[ ■ モートロック諸島(チューク州) ]

DSC_0139.jpg

ミクロネシア連邦チューク州の離島、ルクノーチ島です。道路は舗装されておらずサンゴ砂で出来ています。そのため裸足で歩けます。自動車もバイクも走ってない、というかそのようなものは存在していません。なのでガソリンスタンドもないばかりか、ライフラインそのものがないのです。南太平洋の離島に行くとこのような生活が今でも残っています。しかしそこには人々の営みがあり、その部分だけは我々と何ら変わりません。朝人と会えば挨拶しますし、人が人を気にしてくれます。しかしテクノロジーがない分、生身の人のパワーというか・・・そんなものを感じますね。

モートロック諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

RainbownesiaTV第1回「富士川丸へようこそ!」

[ ■ 日々の事 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

マイムービー.jpeg

駐日ミクロネシア連邦大使館公認YouTubeチャンネルが公開されました。第1回目はミクロネシア連邦チューク諸島に沈む富士川丸です。ぜひご覧下さい。

公式Facebookページ


 

RainbownesiaTV開設のお知らせ【2020/5/10】

[ ■ 日々の事 ]

TOP画面画像2.jpg

もうすぐ始動します。駐日ミクロネシア連邦大使館公認のミクロネシア連邦4州を紹介するYouTubeチャンネルになります。
海、山、滝、ナンマドール遺跡、イルカ、ジープ島、マングローブ、沈没船、ヤップダンス、日本との関わり、海洋生物などが登場します。動画と写真スライドを使ってそれらを解説していきます。マニアック(?)な情報から島の魅力やオモシロ情報、観光の手引きなどをお伝えしていく予定です。
また現地からの情報(映像)やこの国と関わりのある方々、学生達にも色々と手伝ってもらう予定です。
公開日は後日お知らせいたします。それまでお楽しみにしてください。

公式Facebookページ

 

黒いクマノミ

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC7841.jpg

小笠原諸島で見られるクマノミは全身黒というのが多いです。地域によって同じクマノミでも色合いが変わってくるというのは生物多様性のなかのひとつ「遺伝子の多様性」を表しているのでしょう。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

一粒一粒の砂が作り出す土地

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC1032.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイ島の外洋にあるアンツ環礁です。環礁内に潮の満ち引きによって姿を出す砂州があります。
この地域、どこ行ってもこのような白いサンゴ砂による砂州、砂浜があります。この一粒一粒の砂が砂州や島を作り出すって不思議だとは思いませんか?この砂州が出来るまで一体どれくらいの年月がかかるのでしょうかね?

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

チュークの楽園的な場所

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC2516.jpg

ミクロネシア連邦のチューク諸島(旧トラック諸島)です。サンドパラダイスという場所なのですが、ご覧のような風光明媚な場所があります。手前(背後)に砂州があって、しばらく浅瀬の海が広がります。
隠れる場所がないので日焼け注意ですが、ここには何時間でもいられます。私は日焼けまったく問題ナシですがね。そして他のリゾートと違って人がほとんどいないところが良い。独り占めです。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

人間にとって適していなくても生物には楽園

[ ■ 西表島 ]

DSC_1014.jpg

西表島の浦内川の両岸にはマングローブ林が拡がり、そこにも多様な生物が棲息しています。
泥のようで人間にとっては足も踏み入れたくない場所であっても生き物にとって最高の居場所なのかも知れません。ヒト中心で物事考えるのはよくないですね。

西表島の過去の写真

公式Facebookページ

 

狭い世界のおもしろさ

[ ■ セブ島放浪中 ]

DSC_7899.jpg

フィリピンのセブ島には多様な海の生き物が住んでいます。広い海の中ですが、1カ所そこだけ視点を狭めて見るのも実におもしろいですよ。

セブ島放浪中の過去の写真

公式Facebookページ