[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

マイクロクリーンアップキャンペーン(ミクロネシアでの清掃活動)の日程

[ ∟コスラエでの活動 ], [ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

microcucp.jpg

9月のマイクロクリーンアップキャンペーンの日程です。
詳しくはリンクのブルーシップのサイトをご覧下さい。
ポンペイでの清掃活動
コスラエでの清掃活動

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

エコ・自然塾「青い海と白いビーチは本当か?南太平洋のゴミ問題を日本の地方自治体が救う」開催のご案内

[ エコ・自然塾のお知らせ ]

shibushi_2のコピー.jpg

※オンライン参加可!
※マイクロプラスチックなどの問題を考え、実生活にいかす!
大洋州(オセアニア)の島嶼国は島という土地の特性上、慢性的なゴミ廃棄物問題に悩まされています。また戦後アメリカナイズされた生活様式へ変わっていったことで尚更拍車がかかりました。
元々ゴミという単語がなかったこの地域、今ではゴミが溢れている実情を解決すべく日本の地方自治体が起ち上がりました。
ゴミ廃棄物の再資源化率日本一を誇る鹿児島県志布志市が志布志でおこなっている取り組みと大洋州への導入例について志布志市役所の西川様をオンラインでお迎えしてお話していきます。
【開催日と時間】
1.9月26日(土)
2.15時〜17時
【進 行】
1.カメラマンMasa Michishiro(道城征央)による南太平洋のゲンジョウを写真で解説。
2.志布志モデルについて西川様(志布志市役所)から解説。
3.対話の時間
【場 所】
■神奈川県横浜市神奈川区金港町2-1パークタワー横濱ポートサイド2F RGBlue(株式会社エーオーアイ・ジャパン)社内スペース
→横浜駅きた東口Aから徒歩6分
【参加費】
1,000円/人
【オンライン】
■当日はRGBlue社内での開催ですが、Zoomによるオンライン参加も可能です。。
■参加希望の方は「オンライン」か「現地参加」かを申し込みの際、お伝えください。
【参加表明】
■参加希望の方はinfo@ordinaryworld.jpまでご連絡ください。後ほど確認のためこちらか連絡させてもらいます。
【その他】
※RGBlue社内までご足労いただける方は、各自で飲み物をご用意ください。ゴミ減量のためこちらからの用意はございません。
※またコロナの時期ですので予定が変わる場合もございます。ご了承ください。

 

Zoomアプリでのセミナー実施【2020/8/11】

[ ■ 日々の事 ]

スクリーンショット 2020-08-11 20.59.06.jpg

Zoomを使って子供向けにSDGsのセミナーを開催しました。もちろん水中カメラマンなので海の生き物の写真と動画を使ったり、僕がミクロネシア連邦や地元ナカメでやっている活動の写真を使ったりして「3」「4」「5」「11」「12」「14」をクイズをまじえて説明していきました。
セブ島のジンベイザメの動画見せたら、「家族で行ったフィリピンでジンベイザメを見た」という子がいました。恐らくセブ島でしょう。またミクロネシア連邦の放置されたゴミの写真を見せたら「マジ?!」と驚いてました。この年代から気付き感じることって重要ですね。
しかしZoomでのセミナーは実施する側からみてもメリットがあり、可能性を感じました。

公式Facebookページ

 

イッテQでパヤオ動画使っていただきました【2020/8/10】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_9033.jpeg

IMG_9034.jpeg

昨夜のテレビ番組「イッテQ」では一瞬でしたが動画素材が使われました。番組で使われたものより長いバージョンはここからご覧下さい。まだこれはマシですがパヤオ周りは激流ですよ。つまりレジャーダイビングの場所と食べられる魚のいる場所って全然違います。ちなみに与那国島には与那国町と沖縄県のパヤオが設置されていて、番組に出ていたのは沖縄県のパヤオです。県のだけにデカイです。一番下は水深1,000mだそうです。それを聞いて絶対にカメラを手から離すまいと思いました。ちなみに与那国町でも水深700mだそうです。カメラから手を離しても誰も取りに行ってくれないだろう。
このパヤオ、おもりだけで固定されているので台風の影響で移動するそうです。小笠原の漁師も「ここまで流れてきてよー、送り返してくれって言うんだよー」と言ってました。どうやって送り返したかは知りません。

公式Facebookページ

 

恐怖心

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC0536のコピー.jpg

まだザトウクジラの季節ではありません。今頃来たの海のどこにいるのでしょうか?
ザトウクジラの撮影は怖いです。潜っていてもスッと目の前に現れる。一緒に潜っているダイバーがあそにいると教えてくれても、自分が振り向く頃にはいなくなっている。巨漢だけど海の中での身のこなしは人間以上でしょう。
僕はザトウクジラを撮ることが得意ではない。なぜならそのカラダの大きさに圧倒されて怖いからです。本当に怖いと感じています。地元の漁師に写真を見せると「気を付けろよ。望月みたいになるぞ」と言われる。かつて望月さんというプロの水中カメラマンが撮影中にクジラにはたかれ死んだと言われているのだが、本当の原因は分からない・・・・・・。
遠目にいるザトウクジラの姿から撮り手の恐怖心を察してもらえれば良いかなと思ってます。
自然の中では自然とソーシャルディスタンスです。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

東京都にザトウクジラがやってきた・・・何年も前の冬だけど

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC0493.jpg

昔雑誌「ソトコト」に“東京都にザトウクジラがやってきた”という記事を書いたが、東京の海にこんなのが来るなんて東京都って単なる都会だけではなく、自然豊かな魅力的な部分もあると実感した!

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

目黒川定期清掃終了【2020/7/31】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_9019 (1).jpeg

コロナ渦の現在、今日は雨があがり蒸し暑いなか、そして蚊とも格闘しながら中目黒美化委員会による目黒川定期清掃を実施しました。とにかく暑くて痒いなかの活動でした。
コロナ渦でも街を正常に保つ活動をしてくれる皆様、ご参加頂きありがとうございます。

公式Facebookページ

 

ワークショップ開催【2020/7/19】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_8988.jpeg

昨日は元ダイビング業界の方からの依頼で「幸せになる新しい生活様式」というワークショップを開催してきました。テーマはミクロネシアの生活様式の変化によって巻き起こった様々な問題と日本を重ねてみました。
例えばミクロネシア連邦は新しい産業を取り入れて、生活環境が徐々に変わりつつあります。日本もコロナの影響で生活環境が変わりつつあります。他国から日本を見る機会を与えてみました。
明確な答えはでませんが、良い対話ができたのではないでしょうか?答えのでないこのモヤモヤ感が重要です。

公式Facebookページ

 

歴史の証人

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC2888.jpg

【チューク諸島】
ミクロネシア連邦チューク諸島(旧名トラック諸島)に沈む富士川丸という日本の沈没船です。
76年前に沈められただけに朽ち果てようとしています。しかし船は朽ち果てても当時の歴史はこの一枚を通して伝えていきたいですね。それがカメラマンの仕事でしょう。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

地元での定期清掃【2020/6/27】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_8826.jpeg

昨日も中目黒美化委員会による目黒川定期清掃がとりおこなわれました。もう飲食店も通常営業しているのにも関わらず、普段以上に空き缶が多かったですね。

公式Facebookページ

 

環境プロジェクトの打ち合わせ【2020/6/24】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_8825.jpeg

ミクロネシア連邦ポンペイ島での環境活動を手伝ってもらっている麗澤大の学生たちです。今日彼らと渡航と現地に行った時に実施するプロジェクト(清掃活動、現地の学生をフォトジャーナリストにするカメラプロジェクト、YouTubeによる発信)の打ち合わせ。
水中カメラマンとして「あってはならないものがそこにあるという光景を不自然に感じたから」と言う想いのもと若い力に頼っております。
ミクロネシアを良くすることは日本のためにもなります。逆も然りです。
僕が講師をやっている専門学校の生徒もそうだけど若い力は明るくてイイね!年上にからの上から目線は絶対に反対!

公式Facebookページ