*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

*** eラーニングの販売開始 ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-25 09.08.24.jpg

eラーニングの販売を初めております。講義しつつ、デジタル写真集的な素材であります。四つの講座があり、各々1,000円になります。

①「0.1%の海が我々の生命と生活を守る命綱」

→サンゴ・サンゴ礁の話。

②「ミクロネシア文化を探る」

③「自然界の恵みとその恩恵を感じよう」

→生態系・生物多様性

④「小笠原諸島からみる世界遺産登録への道」

購入は→→→ココから

 

ミクロネシアと日本の繋がりを感じる漫画【2018/7/21】

[ ■日々の事 ]

IMG_6453.jpg

南洋ミクロネシアを知る上でのバイブルであります。南進論のもとトラック諸島(現チューク)に渡った土佐藩出身の森小弁をモチーフにした漫画。昭和初期の作品だけど、ワクワクする内容の漫画であります。しかし当時の日本人はよくこんなはるか南の島に渡っていったよなと改めて感心してしまいます。今の日本人にはないフロンティア精神というものも見えてきます。

公式Facebookページ

 

何もいないけど何かがいる海

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC7852.jpg

沖縄本島は恩納村の海です。あなたはこの海に何を見ることができますか?砂地の広がるこの海、何もいないのかも知れませんが、ここでさえ生態系を司るひとつだと思います。
人間というのは実にワガママです。環境を破壊する人を見れば、強烈に批判します。「この自然、生態系を失えば二度と戻らない」「自然や生態系は我々の生活に役立っているから守るべきだ」と言う。一方で同じ自然であっても地震に台風に津波に火山は「人の命と生活を奪うから好きになれない」と言う。このように人間は実に都合の良い生き物なんです。でもそれは仕方ないでしょう。
あなたにはこの沖縄の砂地の海に何が見えますか?サンゴの存在は沖縄の観光収入の1/3を占めると言う。すると皆、それを守るために躍起になる。ならあなたはこの一見何もいなさそうな砂地の海は気に留めないの?もしかしたらこの砂地にもひとつの生態系があるかも知れない。

公式Facebookページ

沖縄の過去の写真

 

美化委員会による目黒川沿いの清掃【2018/7/19】

[ ■日々の事 ]

IMG_6446.jpg

水中カメラマン/フォトジャーナリストとしても重要な活動と思っております。本日、酷暑のなか朝から「中目黒美化委員会」による目黒川沿いの清掃が行われました。近隣の企業の従業員、住民の方も参加してくれました。ありがとうございます。そしてお疲れ様でした。この地域では頻繁に清掃活動は行われているのですが、それでもたくさんのゴミが集まりました。集めたゴミは目黒区の方が無償で持って行ってくれることにもなりました。
地域のゴミは行く行くは海などに流れるのでしょう。2050年海では魚よりゴミの量の方が多くなると言われています。
次回の日程はまだ決まっていませんが、ピリカやFBなどで告知していきたいと思います。
また9/15の「World Cleanup Day」の日も目黒川沿いの清掃をやりたいと現在企画しております。

公式Facebookページ

 

滑稽なミクロネシアの運動会

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_2508.jpg

ミクロネシア連邦はポンペイでの(部落対抗)運動会の模様です。現地では今でも「運動会」という日本語で通じます。
競技も滑稽なのですが、選手を応援するスタンドも滑稽です。和気あいあいとみなさん競技に励んでいます。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

海洋フォーラムでミクロネシアの講演【2018/7/13】

[ ■日々の事 ]

DSC_6168.jpg

DSC_6177.jpg

DSC_6197.jpg

昨日7/12は海洋パイオニアスクールのフォトコンでもお世話になっております笹川平和財団海洋政策研究所が主催する「海洋フォーラム」で講演してきました。ご来場いただきました皆様ありがとうございます。
南洋はミクロネシア連邦、マーシャル諸島の水中を多く撮っていて、さらにその幅を海だけではなく陸上の自然へ、そしてそこに生きている人々へも焦点を当ててるカメラマンとして感じたことを話してきました。
日本はこんな時代だからこそ、ミクロネシア連邦をはじめ南洋の島嶼国から学ぶことが多いと思います。かと言って島嶼国にも問題点が山積み状態であります。

公式Facebookページ

 

地元でゴミ活動をして【2018/7/3】

[ ■日々の事 ]

IMG_6414.jpg

南太平洋の島嶼国は温暖化以外にゴミ廃棄物の問題でサンゴが死滅し、結果土地が脆弱化し国自体が水没の危機に瀕しています。海を潜っていてもゴミや廃棄物で荒れている所を見る時があります。そんなこんなもあって「対ゴミ廃棄物問題」はカメラマン/フォトジャーナリストとしても重要なテーマで、地元でもゴミ拾いの活動をしています。
さてここのところやっている地元目黒川沿いの美化活動、一般的に東京では家庭ゴミ以外は有料であります。問題は我々のようにボランティアで拾い集めたゴミです。「善意で集めたゴミもカネ払わないと行政は持って行かないのか!」と思ったことがあります。しかし面倒ではありますが行政に申請すれば、タダでゴミ券をくれて行政が回収してくれるそうで、その申請をしてきました。
行政のゴミへの対処法もまだまだ不十分だと思いますが、取りあえずの第一歩を彼らもやってくれています。
ゴミや廃棄物が問題で島嶼国は無くなりかけている。また2050年海のゴミの量が魚の量を上回ると言われています。アナタはその現実を想像できますか?

公式Facebookページ

 

マングローブにサンゴ

[ ■ コスラエ ]

DSC_4295.jpg

ミクロネシア連邦コスラエの光景です。これは実に不思議な光景で、マングローブの水路にサンゴが育っているのです。海からは近いと言えども、隔絶された場所なのに海の生き物が育っています。

公式Facebookページ

コスラエの過去の写真

 

ソフトコーラル(オオウミキノコ)の放卵を写真で!

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC2186.jpg

沖縄本島は宜野湾で撮れたソフトコーラルの放卵シーンです。うねりもあるので、その放卵された卵はご覧のようです。
ここはまるで小宇宙のよう。そんな感じがします。それが宜野湾の海です。
なお同じ宜野湾での産卵シーン、その動画はコチラから見られます。

公式Facebookページ

沖縄の過去の写真

 

のどかな運動会をミクロネシアで見る

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_2680.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイで。現地では09月11日を日本から独立した日として部落対抗の運動会(現地でもUndoukaiで通じます)がおこなれます。
トラック競技に球技等様々な種目に用意され、五つの部落から精鋭が集まってくるのです。選手以外に応援する人達の熱気もすごく、特に野次の掛け合いは現地語がわかると笑ってしまうとか。選手への野次からその選手の家族への野次と小さい島での競技会だからこその面白さがあります。
ちなみにこの幅跳びの選手、短距離にも出ていましたがずっと裸足でした。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

目を開けて眠る魚[動画]

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

nighrdive-2.jpg

動画はここからご覧下さい
ブダイは寝る時も目を開けています。サンゴの隅に隠れ、膜を張って身を守っています。しかしこの魚は無事に朝を迎えることができるのでしょうか?

公式Facebookページ

 

魚影の濃い日本のタンカー

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC6872.jpg

ミクロネシア連邦のチューク諸島(トラック諸島)に沈む「神國丸」という日本のタンカーです。
今この船は漁礁として、魚の群れを見ることができます。過去に20度近くこの島に行きましたが、今回(2018/2)はもっとも濃い魚影でした。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真