[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

■また諸々、私への連絡は以下のメールアドレスからお願いいたします。
info@ordinaryworld.jp

 

[[中目黒村美化委員会へもご参加ください]]

[ ■ What's new ]

Collage11.jpg

ミクロネシアでの環境活動以外に、私の生地である中目黒(東京都目黒区)では中目黒村美化委員会という清掃活動をする任意団体を作り、2018年より毎月活動をしております。
中目黒地区には目黒川が流れており、桜の時期を中心に多くのお客さんが地区外からいらしてます。そして外部から人が来ることによって起こる慢性的なゴミ問題、それを解決するために結成しました。どなたでも参加きでますので、興味ある方は連絡ください。

 

*** FBページ写真(アルバム)/note ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各訪問地をまとめてみることができます。



スクリーンショット 2022-06-18 12.09.00.jpeg

noteも始めています。旅行記など読み物のような雰囲気にしています。どうぞご覧ください。

 

講演・セミナー・イベント依頼問合せ

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

水中カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は2011年3月の東日本大震災以後、「人と自然との関わり方」をテーマに講演、セミナー、ワークショップを開催し、自然の大切さ、また時としてそれは牙をむくということを話しております。
しかし環境問題には多くの利害関係が発生します。私自身、環境学、海洋学、理学の専門家ではありません。よって私のセミナーでは自身が撮った写真を多く見せながら皆さんとともに考える、意見を言ってもらう方式をとっております。専門家ではないからこそ、お客さんも自由に物を言える、そんな雰囲気でおこなっております。

【主な講演テーマ】
セミナー、講演の進め方として、私は水中、陸上を撮影するカメラマンでもありますので、
自身で撮影した写真100枚ほどのスライドを使って話しをしております。
そして私がセミナーや講演で取りあげるテーマとして
■「サンゴ、サンゴ礁」 ■「生態系、生物多様性」 ■「ミクロネシア文化」 ■「クジラ、イルカといった鯨類の生態」 ■「捕鯨問題」 ■「日本の水産資源ととその管理」 ■「小笠原諸島から見る世界遺産登録への道程」 ■「小笠原諸島の成り立ち」 ■「海洋国家と呼ばれる由縁」 ■「地域社会から発信する環境保全問題」 など合計で十数テーマになります。


【対 象 者】

保育園、小学校、中学校、高等学校、大学、企業家から企業研修、社会人(ダイビングを楽しまれる方、未経験の方)


【問い合わせと相談窓口】

ご日程、テーマ、ご予算などに関しては以下よりメールでお問い合わせください。
連絡先:info@ordinaryworld.jp


DSC_0108 のコピー.jpg

■自身主宰の自然環境セミナーは以下のふたつになります。
「エコ・自然塾」:多くの有識者、研究者とを繋いでオンラインで開催中。
「めぐろエコサロン」:東京目黒区内で完全対面型のワークショップになり、私はファシリテーターになります。
→両セミナーの開催状況は随時ここで発表いたします。

 

*** JICAによる「mundi」のWEBギャラリー ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-01-29 15.23.44.jpeg

2018年、独立行政法人国際協力機構(JICA)の広報誌「mundi」の中にある『地球ギャラリー』というコーナーに僕がミクロネシア連邦ポンペイで行っている環境活動「マイクロクリーンアップキャンペーン」のことが掲載されましたが、今回その『地球ギャラリー』がWEBギャラリーになりました。本日公開で誰でも閲覧できますので以下のURLから見てください。
現在このキャンペーンの活動は止まっていますが、活動地域は同国のチューク諸島、コスラエ島までに拡がり、次のプロジェクトを再開させるだけです。

公式Facebookページ

 

*** ミクロネシアと地元と自分の関係【東京新聞】 ***

[ ■ 日々の事 ]

IMG_0823.jpg

ミクロネシアでの活動と地元中目黒での活動もミックスされ、オンとオフがなくなりつつある自分ですが、そこは記者の方がうまくまとめてくれました。
本日発売の東京新聞「ひと ゆめ みらい」というコーナーに登場です。
どちらかと言うと欧米寄りになっている日本ですが、先人と深いつながりのあるミクロネシアをはじめ大洋州オセアニアに私たちはもっと目を向けるべきでしょう。東急の五島昇もそう言ってたようにです。そして世の中にある問題の解決は世界規模のことではなく、足下にある問題からです。

公式Facebookページ

 

*** Gyoppy!からインタビュー ***

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

Yahoo!JAPANによる「海の豊かさを守ろう Gyoppy!」にブルーシップでインタビューされたもに加筆して再掲載されています。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 九州大の磯辺先生、JICA担当者との対談 ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-07-09 12.27.51.jpeg

海洋物理学の磯辺先生(九州大)と私、そして国際協力機構(JICA)のゴミ廃棄物の担当者との対談形式のインタビューになります。マイクロプラスチックの専門家と民間活動をしている私、そしてゴミ廃棄物の専門家という面白い3者対談です。
ダイビングをやる人、漁業など海で仕事する人・・・・・・だけではなく皆さん共通の問題だと思います。既に公開されてますので、是非ご覧ください。


 

上から見るギンガメアジ

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

_DSC2244.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイのパリキールパス、その礁斜面沿いではギンガメアジが右往左往しています。まさに行ったり来たりと、群れは忙しく動いています。また斜面を横に群れが動いているので、上からも見ることができます。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

父島の閂ロックで見られる大物

[ ■ 小笠原諸島 ]

DSC_0114.jpg

小笠原諸島は父島にあるダイビングポイント「閂ロック」では大物を見ることが出来ます。写真はそこで見たギンガメアジの群れです。そのような魚の群れが集まるのも、潮流の速さも一因でしょう。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

コロナ禍で観るべき映画【2022/7/30】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_1630.jpeg

映画『もののけ姫』は自然環境や生物多様性を学ぶにはオススメの作品です。
コロナウイルス騒動に陥っている日本ですが、そのような中で観るとより一層この作品の意図が伝わってきます。
作品中に出てくる山犬、シシ神と言った生き物が実に不憫でならないと思っています。それはコロナウイルスも同じで不憫でならないです。全ては人間が悪いのです。命を亡くした方には申し訳ないですが、今のパンデミックによる混乱した世の中も人間による自業自得です。
この作品、以前仕事でご一緒させてもらった五箇公一先生もオススメしていました。「宮崎駿監督が知ってて作っているかはわからないけど、この作品はすごい。生き物が住む場所と人間が住む場所の区分け(ゾーニング)を見事に描いている」と言ってました。人間には人間が住める都市環境があり、生き物は生き物が住める原生の自然があります。かつては里地里山がそれぞれの間にあったことで生き物(ウイルスや細菌含む)は人間の世界に侵入してくることはなかったのです。しかし里地里山の損失や不適瀬名土地利用は原生の自然と都市とを隣り合わせにしてしまい、いつでも生き物が人間の世界に入り込めるようにしてしまいました。
もののけ姫のサンが言う「人間を許すことはできない」の一言は強烈で、まるで自分が自然環境からそう言われているようですし、コロナも街に出てきたクマやサルと言った害獣も同じこと言ってるでしょう。

公式Facebookページ

 

地元での環境活動終了【2022/7/29】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_1634.jpeg

コロナ蔓延中ですが、それでも子供から高齢者までが参加してくれています。本日、この暑さの中、中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃(GT方面・山手通り沿い)が実施されました。空き缶ゴミの多さには驚きです。また雨が続いているせいか、いままでにないビニール傘の量です。
終了後はセブンイレブン中目黒アトラスタワー店さまよりドリンクが振る舞われました。ご参加いただきました皆様、またセブンイレブン中目黒アトラスタワーさま、いつもありがとうございます。
次回は8/13(土)8/26(金)になります。8/13は「めぐろボランティア月間」で多くの小学生から高校生が参加されます。

 

清掃活動にかける想い【2022/7/28】

[ ■ 日々の事 ]

スクリーンショット 2022-07-28 10.28.18.jpeg

コロナ、すごい勢いで増えていますね。しかしそういう時だからこそ掃除をしましょう。明日7/29は中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されます。親子で参加したいという方もいらっしゃいます。ご興味ある方は是非ご参加ください。
ゴミにたかる害獣(ウイルスや細菌含む)と呼ばれてしまっている生き物は都市環境にいるべき存在ではないです。彼らには彼らの居場所(原生の自然)があるのです。そこから都市環境に出てこないよう、彼らの餌になるゴミを撤去することは重要だと思います。「ゴミ拾いはパンデミックを防ぎます」
生物多様性や海洋環境の保全は住環境の保全だと思いますよ。

公式Facebookページ

 

ガラパゴスの2メートル・ルール

[ ■ガラパゴス諸島 ]

_DSC7404.jpg

ガラパゴス諸島サンタクルス島のビーチにいるウミイグアナです。変温動物の彼らは海からあがって、まったく動こうともせずこうして体温調整をしています。
ガラパゴス諸島には2メートル・ルールというのがあって、生き物と人間との距離をそれだけ空けなさいというのですが、これだけの量がいるともはやそんなルールはなし崩しになってしまいます。

ガラパゴス諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

7月23日だから文月の記憶【2022/7/23】

[ ■ 日々の事 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

fumituki.jpg

動画はこちらからご覧ください。
今日、23日は「ふみ」の語呂合わせで「ふみの日」、つまり手紙の日だそうですが、特に7月が「文月」と言われているので、7/23を「文月ふみの日」と言うそうです。
文月と言えばミクロネシア連邦の旧トラック諸島に沈んでいる駆逐艦『文月』を思い起こさせます。プロペラが綺麗で、分かる人に言わせるとこのプロペラ製造は相当の職人技が使われているそうです。
今、1944年2月のトラック空襲の生存者の方から話を聞くべく、大使館を経由して探しているのですが、まったくいないのが現状です。いても認知症になっていて話せないとかです。
こうして戦時中の記憶が風化され、新たな時代に向かって行くのでしょう。この新たな時代はある面残念な時代でもあるでしょう。

公式Facebookページ