*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

*** eラーニングの販売開始 ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-25 09.08.24.jpg

eラーニングの販売を初めております。講義しつつ、デジタル写真集的な素材であります。四つの講座があり、各々1,000円になります。

①「0.1%の海が我々の生命と生活を守る命綱」

→サンゴ・サンゴ礁の話。

②「ミクロネシア文化を探る」

③「自然界の恵みとその恩恵を感じよう」

→生態系・生物多様性

④「小笠原諸島からみる世界遺産登録への道」

購入は→→→ココから

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

ガラパゴス諸島ツアーのご案内

[ 主催ツアーのご案内 ]

◆ダイビングツアーチラシ2.jpg
◆ダイビングツアーチラシ.jpg

ガラパゴスツアーのチラシを載せましたのでご覧下さい。
今年はガラパゴス諸島が世界自然遺産に登録されて40年、日本とエクアドルが国交樹立して100年という節目の年に当たります。ガラパゴス諸島が世界遺産に値するその価値を実際に見に行きませんか?スペイン語通訳付きですので、道中も安心です。
ちなみにジープ島開島者の吉田さんにチューク諸島(ジープ島)以外で一番良かった海は?と聞いたら「ガラパゴス諸島だよ。魚の群れで海の中が真っ暗になるんだよ」とその凄さを語ってくれました。

公式Facebookページ

 

+ Windライヴのお知らせ

[ ■日々の事 ]

アー写_edited-1-2.jpg

”アンビエントで、ヒーリングで、
  未だ見ぬ世界へナチュラル・トリップ・・・・・・”

毎年恒例の+ Wind(プラスウインド)のライヴを開催いたします。
場所は東京・中目黒の「良い料理、良い音楽」をモットーに飲食の出来るライヴ・レストラン「楽屋」になります。

=============
数多くのヒーリング系サウンドをコンポーズし、今なおアンビエントな楽曲を作るキーボードプレイヤーnaomi*。

同じくアンビエントをテーマに水惑星が持つ碧いイメージのビジュアルを撮る水中カメラマンMasa Michishiro。その二人を中心とした異色コラボ。

表現方法は違っても互いのマインドは一致し、それをライヴという立体的な場所で表現していくのが、このユニット+Wind(プラスウインド)。
そして屋台骨を支えるのがレゲエ・バンドなどでの経歴をもつToshiによるパーカッショニズム。写真のスライドと音楽との融合をお楽しみ下さい。

ライヴは演奏と同時に、Masa Michishiroによるネイチャー写真をスライドでお見せしながら、自然についてMasa Michishiroが語っていきます。

■日にち:2018年6月16日(土)

■場所:楽屋(らくや)

■最寄り駅:中目黒駅(東急東横線、地下鉄日比谷線)

■時間:1stステージ・19時30分/2ndステージ・21時
∟2部制になり、演目は変わります。

■料金:2,000円(予約)、2,500円(当日)
∟予約は楽屋のサイトからお願いいたします。

 

ナンマドール遺跡ではなくナンマトル遺跡

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_4990.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイにあるナンマドール遺跡です。海上都市と言われるだけに、潮がひくとご覧のように地肌がでてきます。
一般的にはナンマドール遺跡と呼びますが、現地の人は「だぢづでど」の発音ができません。なので現地ではナンマトル遺跡と呼びます。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

富士川丸の船首

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC6260.jpg

ミクロネシア連邦のチューク諸島(トラック諸島)に沈む「富士川丸」です。これは船の船首ですが、いつ行っても小魚が群れています。そしてその群れの奥には船首に搭載された機銃がひとつ。これで応戦したのでしょうか?

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

中目黒の美化へ【2018/5/10】

[ ■日々の事 ]

IMG_6322.jpg

中目黒、目黒川の近隣企業((株)ハイサイドコーポレーション)とのコラボで「中目黒村美化委員会」が結成され、本日キックオフとして川沿いのゴミ拾い活動を行いました。私が会長であります。やるにあたってもう少し方向性を煮詰めてもいいのでしょうが、「取りあえずやってみよう」という私の考えのもと開催するに至りました。よって最初でもあるので少人数(計6名)になります。
拾い集めたゴミを目黒区役所へ持って行ったら受け取ってもらえず、清掃事務所に直に電話すれば袋1個でも引き取るために車で来ると言ってくれました。ただ今回は受け取ってもらえました。
次回は2ヶ月後ぐらいを目途にやる予定です。
世界中の遠くで起こっているゴミ廃棄物の問題がどんなマイナス(サンゴ礁劣化による土地の脆弱化)になっているのか?それは想像しづらいでしょうが、身近に置きかえれば遠くで起こっている出来事も理解できるのではないでしょうか?

公式Facebookページ

 

石巻市立湊中修学旅行へミクロネシア連邦の講座【2018/5/9】

[ ■日々の事 ]

IMG_6318.jpg

被災地石巻の中学生(湊中学)が修学旅行で東京に来てくれました。その修学旅行のプログラムに私の講座が組み込まれました。
フォトジャーナリストコースとして、写真の撮り方、「今では誰もが写真を撮って、さらにはそれをSNSなどで瞬時に公表できるのだから撮ったからには説明責任もある」などを解説した後、私が「なぜミクロネシア連邦に訪れて写真を撮っているのか?」「そこには伝統を守りつつも革新に揺れている現状があり、『伝統』面でも日本人が忘れていること、それは『地域のこと』『上下関係』などがある」を解説。また途上国だからと言って通り一辺倒の支援によって私たちの貢献度が全く理解されていない現状も解説。一方で自分達で自分達の事を考えていて前進しようとしてる面もあり、そこは石巻という場所に足をしっかり降ろして欲しいとミクロネシア連邦と比較して解説しました。
事前授業として彼らに地元石巻の写真を撮って来てもらいました。説明責任と言うことで撮って来た写真を説明してもらいました。普通の街並みの写真であっても改めて彼らの話を聞くと「そうなのか!」と思うことがたくさんありました。

公式Facebookページ

 

ミント環礁なのか?

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_0029.jpg

ミクロネシア連邦のチューク諸島からポンペイの間を飛行機で飛んでいる時の光景です。こう言う景色をいたるところで見ることができます。
チュークとポンペイの間だからミント環礁なのだろうか?ミント環礁なら人を飲み込むぐらい大きなハタがいると聞きます。まったく他の海とは生態系が違うとまことしやかに言われています。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

小笠原で見た桜でないサクラ

[ ■ 小笠原諸島 ]

DSC_0079-1.jpg

小笠原諸島の固有種であるシマザクラです。普段内地で見られる桜とはまったく違う仲間であります。その証拠に見た目低木な植物であります。そして絶滅危惧種でもあります。

公式Facebookページ

小笠原諸島の過去の写真

 

ひたすら綺麗なルクノーチの海

[ ■ モートロック諸島(チューク州) ]

DSC_5694-1.jpg

ルクノーチの海はただただ透明度が高い海でした。その分魚はあまりいないという、まさに「海の矛盾」を感じることのできる場所でした。水深30m、40mぐらいまで行っても海面が見えるくらい綺麗でした。

公式Facebookページ

ルクノーチ環礁の過去の写真

 

小さい生き物も豊富なポンペイ

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_1662.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイでの一枚。回遊魚が多いイメージのポンペイの海ですが、ご覧のようなハゼも見ることができます。
これはギンガハゼとテッポウエビとの共生です。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

食の季節感【2018/4/23】

[ ■日々の事 ]

http://ganjuu.com/428.html

先日の土曜日の「エコ・自然塾」で参加者が言っていたことでもあります。
人間は「食の季節感」がなくなっているのではないでしょうか?例えば季節感関係なく、いつでも手に入る食材、それだと季節感を忘れてしまう。自然のサイクルのなかで手に入るものと入らないものがあって当たり前でしょう。
「食の季節感」を忘れると乱獲に繋がる。いつでも手に入れたいからだ。市場のスーパーに出回っているのが養殖という作られたものであった場合、乱獲には繋がらないだろうが(正確には繋がっているが)、それであっても人として季節感を忘れ、自然環境全体への対峙の仕方を忘れるだろう。
前回は少人数参加の「エコ・自然塾」だったが深い内容だった。

公式Facebookページ