[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

ブルーシップからインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

ゴミ拾いポータルサイト「ブルーシップ」にインタビューしていただき、それが公開されました。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

マイクロクリーンアップキャンペーン(ミクロネシアでの清掃活動)の日程

[ ∟コスラエでの活動 ], [ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

microcucp.jpg

9月のマイクロクリーンアップキャンペーンの日程です。
詳しくはリンクのブルーシップのサイトをご覧下さい。
ポンペイでの清掃活動
コスラエでの清掃活動

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

エコ・自然塾「青い海と白いビーチは本当か?南太平洋のゴミ問題を日本の地方自治体が救う」開催のご案内

[ エコ・自然塾のお知らせ ]

shibushi_2のコピー.jpg

※オンライン参加可!
※マイクロプラスチックなどの問題を考え、実生活にいかす!
大洋州(オセアニア)の島嶼国は島という土地の特性上、慢性的なゴミ廃棄物問題に悩まされています。また戦後アメリカナイズされた生活様式へ変わっていったことで尚更拍車がかかりました。
元々ゴミという単語がなかったこの地域、今ではゴミが溢れている実情を解決すべく日本の地方自治体が起ち上がりました。
ゴミ廃棄物の再資源化率日本一を誇る鹿児島県志布志市が志布志でおこなっている取り組みと大洋州への導入例について志布志市役所の西川様をオンラインでお迎えしてお話していきます。
【開催日と時間】
1.9月26日(土)
2.15時〜17時
【進 行】
1.カメラマンMasa Michishiro(道城征央)による南太平洋のゲンジョウを写真で解説。
2.志布志モデルについて西川様(志布志市役所)から解説。
3.対話の時間
【場 所】
■神奈川県横浜市神奈川区金港町2-1パークタワー横濱ポートサイド2F RGBlue(株式会社エーオーアイ・ジャパン)社内スペース
→横浜駅きた東口Aから徒歩6分
【参加費】
1,000円/人
【オンライン】
■当日はRGBlue社内での開催ですが、Zoomによるオンライン参加も可能です。。
■参加希望の方は「オンライン」か「現地参加」かを申し込みの際、お伝えください。
【参加表明】
■参加希望の方はinfo@ordinaryworld.jpまでご連絡ください。後ほど確認のためこちらか連絡させてもらいます。
【その他】
※RGBlue社内までご足労いただける方は、各自で飲み物をご用意ください。ゴミ減量のためこちらからの用意はございません。
※またコロナの時期ですので予定が変わる場合もございます。ご了承ください。

 

豪快な母島

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC4592.jpg

小笠原諸島母島の海は「母」と名は付くが、男勝りで案外豪快な場所が多い。潮流の速い場所、地形の起伏が激しい場所と母島の周りには根、小島などが多いせいかも知れない。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

イルカの海

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC4756.jpg

日差しが強くて暑がっていても、疲れていても、イルカは誰もを癒やしてくれる生き物です。
これまた都内で見られるなんてちょっと不思議であります。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

小笠原諸島へ【2020/9/19】

[ ■ 日々の事 ]

ogasawara.jpg

小笠原諸島の父島、母島から帰宅しました。母島へは5年振り、父島ステイは9年振りで十数回目の訪島でした。
都民として小笠原諸島は特別な想いがあります。何と言ってもその一部とは言え、国の首都が世界自然遺産になるのは初めてです。また小笠原諸島はミクロネシアとも繋がりがあります。明治期に向こうに渡った人たちは、物資の最終積み込み地だったのが小笠原でした。つまり日本とミクロネシアの中間点みたいなもの。なので南洋踊りというものも南方から伝わってきた踊りもあります。
兎にも角にも期待を裏切らない場所であり、ミクロネシア連邦と同じ位大切な場所であります。

公式Facebookページ

 

ナマコの放精

[ ■ 小笠原諸島 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

ナマコ放精_1.1.1.jpeg

動画はココからご覧下さい。
海の中では時として不思議な光景に出会います。「放精?射精でしょ?」と一瞬エロいと思ってもどこかヒトと違う彼らに神秘性を感じてしまいます。解き放たれたこのナマコの精子がどこでどうなるかは誰もわからない・・・・・・。

小笠原諸島の過去の動画

公式Facebookページ

 

子供向けオンラインセミナーを開始します【2020/8/31】

[ ■ 日々の事 ]

title 2.jpeg

子供向けオンラインセミナー。8/11に第1回目を開催し次は9/5に開催いたします。
今後、毎月第1土曜日にオンライン(Zoom)で子供向けに自然環境の話しをいたします。カメラマンですので、写真と動画を使って自然環境について話しをしていきます。9月の題目は以下のように「生物多様性」の話しになります。
子供の頃からこのような話しを聞き、見て感じることは重要でしょう。自分もしっかりと解説していきます。
ぜひ「ウチの子に!」と言う方はリンク先にお問い合わせください。

公式Facebookページ

 

2020年、ラニーニャ現象の年

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_0275.jpg

今年2020年、ラニーニャ現象が起こっているそうです。暖水域が太平洋西側に押し込まれることで太平洋全体の海水温が下がることです。その結果、暖水域が日本近海に溜まり台風が日本付近で発生するとか、夏は暑く冬は寒いという現象が起こるそうですがラニーニャを引き起こしているのが強い貿易風だと思うとここに来るサーファーはいてもらってもいられないでしょうね。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

光る体色が魅力的

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_2029.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイの名物と言えばパリキールパスで見られる深場から上がってくるギンガメアジの群れでしょう。50mほどの深場の礁斜面に沿って行き来する際、体色がキラキラと光って見えて綺麗そのものです。潮の流れによって20m程まで上がってきてくれます。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

ミクロネシアの海に沈む二式大艇

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC2691.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島に沈む二式大艇と呼ばれる水上飛行艇、その胴体の内部です。国産飛行機の開発にホンダなどはあたっていますが、この当時は普通に日本も飛行機を製造していました。その技術力は秀でていたんでしょうね。
終戦75年。専門学校では後期に「ミクロネシア文化論」(と勝手に名付けている)を教えるのだが、避けて通れないのがこの地域での歴史。スペイン、ドイツ、日本、アメリカ、そして独立・建国。その中で現地におこった歪みの他に我々の歴史もこの地域から学べる。のだが今の若い子にどんだけ突き刺すモノがあるか・・・・・・。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

Zoomアプリでのセミナー実施【2020/8/11】

[ ■ 日々の事 ]

スクリーンショット 2020-08-11 20.59.06.jpg

Zoomを使って子供向けにSDGsのセミナーを開催しました。もちろん水中カメラマンなので海の生き物の写真と動画を使ったり、僕がミクロネシア連邦や地元ナカメでやっている活動の写真を使ったりして「3」「4」「5」「11」「12」「14」をクイズをまじえて説明していきました。
セブ島のジンベイザメの動画見せたら、「家族で行ったフィリピンでジンベイザメを見た」という子がいました。恐らくセブ島でしょう。またミクロネシア連邦の放置されたゴミの写真を見せたら「マジ?!」と驚いてました。この年代から気付き感じることって重要ですね。
しかしZoomでのセミナーは実施する側からみてもメリットがあり、可能性を感じました。

公式Facebookページ