[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

Gyoppy!からインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

Yahoo!JAPANによる「海の豊かさを守ろう Gyoppy!」にブリーシップでインタビューされたもに加筆して再掲載されています。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

マイクロクリーンアップキャンペーン(ミクロネシアでの清掃活動)の日程

[ ∟コスラエでの活動 ], [ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

microcucp.jpg

9月のマイクロクリーンアップキャンペーンの日程です。
詳しくはリンクのブルーシップのサイトをご覧下さい。
ポンペイでの清掃活動
コスラエでの清掃活動

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

11/21の「エコ・自然塾」お知らせ

[ エコ・自然塾のお知らせ ]

Collage_Fotorのコピー.jpg

■エコ・自然塾「日本の大学生たちがミクロネシアで始めた環境を守るプロジェクト」
南太平洋の島国ミクロネシア連邦は慢性的なゴミ問題に悩まされています。プラスチックゴミの他に行き場を失った“廃タイヤ”が処分場には放置されたままです。
その廃タイヤ問題を解決すべく麗澤大ジャパネシア(千葉)の学生たちが起ち上がりました。今回学生のリーダーである池田将太様をオンラインでお迎えして、彼らが考えるPBL(問題解決型授業)からどうこのプロジェクトに発展していったか、またそのプロジェクトとはどんな内容のものかを解説してもらいます。
【進 行】
1.カメラマンMasa Michishiro(道城征央)によるミクロネシア連邦ポンペイの現状と活動内容。
2.麗澤大の池田様から彼らのプロジェクトを解説。
3.対話の時間
【場 所】
■神奈川県横浜市神奈川区金港町2-1パークタワー横濱ポートサイド2F RGBlue(株式会社エーオーアイ・ジャパン)社内スペース
→横浜駅きた東口Aから徒歩6分
【参加費】
1,000円/人
【オンライン】
■当日はRGBlue社内での開催ですが、Zoomによるオンライン参加も可能です。。
■参加希望の方は「オンライン」か「現地参加」かを申し込みの際、お伝えください。
【参加表明】
■「参加予定」を押していただくか、info@ordinaryworld.jpまで。後ほど確認のためこちらか連絡させてもらいます。
【その他】
※RGBlue社内までご足労いただける方は、各自で飲み物をご用意ください。ゴミ減量のためこちらからの用意はございません。
※またコロナの時期ですので予定が変わる場合もございます。ご了承ください。

公式Facebookページ

 

環境や動物を守る危険な意見【2020/10/20】

[ ■ 日々の事 ]

DSC_1784-1.jpg

千葉県和田浦で見たツチクジラの解体現場です。もうほぼ部位ごとに解体された後で、真ん中には頭があります。こう言う写真を上げると解体関係者でなくても、海外からクレームの書き込みがあと聞いてビックリしています。ちなみに僕のところへは一度もないですね。
動物保護、環境保全の中で最も怖い意見が「生態系のバランスを守るために」「そのうち人間にしっぺ返しがくる」とか「知能があってカワイイから」と言うもの。
そしてここ和田浦はこう言う現場を一般の人に公開しているところに驚きます。ていうか別にやましいことしてないのなら公開しても良いですし、こっちも驚く必要はないですね。地域の人たちがその地域の食文化を守っている表れです。

公式Facebookページ

 

朽ち果てる桃川丸

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC2962.jpg

見た目何なのかわかりませんよね?海の中というのもわからない位です。これはミクロネシア連邦チューク諸島(旧トラック諸島)に沈む桃川丸と言う船です。その船内の一部です。先にあるのは旧日本海軍の飛行機の機体でしょう。船体も機体も朽ち果てていて、その対応も急がれます。
こう言う歴史の事実を公表させることはミクロネシア連邦に数多く趣く自分として重要だと思う反面、戦争という暗い過去の歴史、負の遺産を出すことに違和感を覚える人もいることも確かです。特に「観光」にとっては妨げになるという話しもあります。カメラマンとしてどうすればいいんでしょうかね〜?
現在、専門学校ではミクロネシアの文化や歴史、問題点を2ヶ月ぐらいに渡って話しています。綺麗な海やビーチだけではなく、歴史認識もしてもらいたいですね。

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

ガラパゴス諸島のガイド【2020/10/15】

[ ■ 日々の事 ]

_DSC6544.jpg

昨年訪れたガラパゴス諸島で付きっきりで案内してくれたガイドです。島の出身だそうで、今では島出身者しかガイドになれないそうです。
“付きっきり”、“島出身”というところに考えさせられるところがあった。つまり“付きっきり”ということは観光客を監視しているということであり、“島出身”ということは自分の居場所、アイデンティティーを持った人たちだけがこの仕事をするという事で説得力ある。

公式Facebookページ

 

ウミガメと泳ぐ

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC4986.jpg

小笠原諸島母島では頻繁にウミガメが見られます。彼らも泳ぐのは速く、うまく近寄ることはなかなかできません。この速く泳ぐ生き物を素潜りで近づいて、銛を打ち込んで獲るウミガメ漁はすごいと思います。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

アンツ環礁

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_0175-1.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイの外洋にあるアンツ環礁の環礁州島パシャ島です。広くリング状になった環礁にはヤシの木が立つ島がのっています。基本的に誰もいないのがこのパシャ島であります。こんなところに置いてけぼりにされてみたいというのは都会人にとって夢の夢。

ポンペイの過去の写真

公式Facebookページ

 

小笠原の固有種

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC3980.jpg

小笠原諸島の固有種アカガシラカラスバトは絶滅危惧種ⅠA類。つまり近い将来絶滅する恐れのある生き物ということ。
なんとか個体数は回復されてるようで、10年前は約40羽しかいませんでしたが、今は400〜500羽までになってるとのこと。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

船と魚影

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC6684.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島(旧名トラック諸島)にて。富士川丸のバウに備えられた機関砲とギンガメアジの群れ。船の周囲を漂う魚たちは時より海面近くのこの場所にまで上がってきます。
魚影と沈没船、チュークらしい1枚に仕立てました。
#水中写真 #水中カメラマン #フォトジャーナリスト #環境問題 #清掃活動 #ゴミ問題 #地域貢献 #エコ #スキューバーダイビング #ダイビング #ミクロネシア連邦 #チューク #ジープ島 #トラック諸島 #ポンペイ #コスラエ #マーシャル諸島 #奄美大島 #小笠原諸島 #フィリピン #沖縄 #西表島 #ガラパゴス諸島 #YouTubeチャンネル #Rainbownesia_TV #TUSA #RGBlue #Nikon #ニコン #Earth_Network

チューク諸島の過去の写真

公式Facebookページ

 

「エコ・自然塾」開催と御礼【2020/9/27】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_9156.jpeg

2011年から目黒区の施設でやっていた「エコ・自然塾」、しばらくお休みしていましたが、昨日復活させました。
今日は『青い海と白いビーチは本当か?南太平洋のゴミ問題を日本の地方自治体が救う』と題して、ゴミ再資源化率日本一の自治体 鹿児島県志布志市役所の西川順一様をオンラインで結んで大洋州での活動、志布志市での活動、そしてユニチャームと組んでの紙おむつ問題など刺激ある話をしていただきました。
会場には私が住む目黒区の区議の方もいらした他、ゴミ廃棄物問題に関心のある方、既に志布志とは別に実践している行政の方、ダイビング関係の方、大学生がリアル型またはオンライン型の参加してくれました。
次回の「エコ・自然塾」は11/21になり、私と共にミクロネシア連邦ポンペイ島で活動を続けている麗澤大の学生をお招きしてプレゼンしてもらう予定です。

公式Facebookページ

 

豪快な母島

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC4592.jpg

小笠原諸島母島の海は「母」と名は付くが、男勝りで案外豪快な場所が多い。潮流の速い場所、地形の起伏が激しい場所と母島の周りには根、小島などが多いせいかも知れない。

小笠原諸島の過去の写真

公式Facebookページ