*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

*** eラーニングの販売開始 ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-25 09.08.24.jpg

eラーニングの販売を初めております。講義しつつ、デジタル写真集的な素材であります。四つの講座があり、各々1,000円になります。

①「0.1%の海が我々の生命と生活を守る命綱」

→サンゴ・サンゴ礁の話。

②「ミクロネシア文化を探る」

③「自然界の恵みとその恩恵を感じよう」

→生態系・生物多様性

④「小笠原諸島からみる世界遺産登録への道」

購入は→→→ココから

 

辺野古のアオサンゴ群[動画]

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

aosango2.jpg

動画はここからご覧下さい
2019年現在も埋め立て作業が続いている沖縄は名護市にある辺野古の海、そこのはアオサンゴというサンゴの群生を見ることができます。見た目は青色していませんが、このサンゴの断面には青色の輪を見ることができ、それが由来のようです。

公式Facebookページ

 

青い海に映える魚

[ ■ 小笠原諸島 ]

DSC_0780.jpg

小笠原諸島母島での1枚。小笠原で見るウメイロモドキも群れはまさに圧巻。青い海に青い体色ですが、同化することなくなぜは映えるんですよね。

公式Facebookページ

小笠原諸島の過去の写真

 

中目黒美化委員会による活動【2019/1/11】

[ ■日々の事 ]

IMG_6892 (1)のコピー.jpg

中目黒村美化委員会による目黒川沿いの本日の清掃活動も終了いたしました。風も強く寒い中でしたが、近隣の企業の方などが参加してくれました。ありがとうございます!この活動は月に1〜2度ほど行っている活動であります。
清掃中、どこからか逃げ出したのか電線に止まる色鮮やかな鳥を見ることができました。
この時期のゴミの量は少ないですが、相変わらず川沿いの植栽にその近くに店舗を構える飲食店による不法なサイン(看板)の放置がありました。次回は2月を予定しております。

公式Facebookページ

 

環境活動はお節介にもなる【2019/1/9】

[ ■日々の事 ]

_DSC9739.jpg

地元の川掃除に始まり、昨年はミクロネシア連邦ポンペイで、そして来月2月にはチューク諸島で、撮影の合間に活動します。
こういうのを市民活動というのだろうが、そんな活動をする上で大切なのが地元の人にとってお節介にならないことだろう。そして公的な機関も支援の名の下に活動している。
お節介の最も良い例がシーシェパードではないだろうか?良かれと思って抗議活動しているのだろうが、地元にとっては大迷惑。
良かれと思ってペットボトルや缶も拾っているが、島によってデポジットとして地元の人の現金収入になることもある。お節介になってしまうかどうか、その加減は難しい。

公式Facebookページ

 

すしざんまい3億円超のクロマグロ【2019/1/7】

[ ■日々の事 ]

記事はココをクリック

初競り。やはり「黒いダイヤ」と呼ばれるだけに3億円超とはスゴイですね。ただ大間のクロマグロ漁はその規模からして問題ないんだろうが、日本で獲られるクロマグロの約70%はゼロ歳魚であり、約98%は成魚に至ってないクロマグロが獲られているということも忘れてはならない。つまり子供のうちに根こそぎ獲ってしまうというのが日本のクロマグロ漁なのだ。これでは枯渇するしワシントン条約に入れることが議論されてもおかしくない。

公式Facebookページ

 

水面に平行な虹

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

DSC_6324.jpg

あけましておめでとうございます。さて写真はミクロネシア連邦チューク諸島の環礁内にあるジープ島から見た虹です。水面にほぼ平行という東京ではあまり見られない形をしています。虹は太陽の位置によって大きな弧になったり、このような平行になったりと変わります。平行になっている時はある程度太陽が昇った時に見られます。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

2018年はゴミの年【2018/12/31】

[ ■日々の事 ]

Collage_Fotorのコピー (1).jpg

『カメラマンとして本来そこにあってはならないものがあるという光景を不自然に感じたから』
『海洋汚染は日本人にとって加害者であり被害者でもある。南太平洋の人も加害者であり被害者でもある』
『環境問題は利害関係があるからこそ、簡単に出来ることとしてゴミ拾いがある』
なんて言うことを掲げて早数年。地元での清掃活動に始まり、それがミクロネシア連邦まで波及。来年も継続させていきます。
来年の清掃活動は、1/11に地元ナカメで、2/2はミクロネシア連邦チューク諸島で、2/23は都内で「マイクロごみサミット」を開催させ、7月には写真展をやります。

公式Facebookページ

 

石垣島のサンゴ

[ ■ 石垣島 ]

DSC_7400.jpg

国際サンゴ礁年でした。サンゴが白化しているというニュースもあれば、サンゴ礁域が北に広がっていることでその水域の生態系が変化しているとも聞きます。来年はどうなるのでしょうか?

公式Facebookページ

石垣島の過去の写真

 

生き物を作る時代【2018/12/25】

[ ■日々の事 ]

_DSC8079-2.jpg

_DSC8066-2.jpg

クマノミなのですが、海の中で見るクマノミとはちょっと模様の感じが違います。これは色揚げと言ってエサの与え方によって色合いが自由に出るのです。そしてこのクマノミは人工繁殖された海を知らないクマノミでもあります。
ここまでのことをやっていいの?と思うかも知れませんが、サシの入り方を人工的にコントロールできる石垣牛、松阪牛などのブランド牛、トロの乗り方もコントロールできる畜養のクロマグロなど食べる生き物と同じで、魚がいなくなっている今のことを考えると観賞魚も作る時代なのかも知れません。命がまさに製品になりつつある時代でしょう。

公式Facebookページ

 

ジープ島から見た月

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

DSC_6545.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島にあるジープ島、そこから見た月です。
ここに来ると月も星も太陽も虹も色々な形、色合いがあるということを気付かせてくれます。まさに神秘の場所であります。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

都立つばさ総合高校で講演【2018/12/22】

[ ■日々の事 ]

PC142230_-11.jpg

昨日は全校生徒を対象に都立つばさ総合高校でミクロネシアの自然とゴミ廃棄物問題の講演でした。この都立高校は日本で唯一ISO14001を取得している高校です。また講演は2回目。写真はないので、これは前回のもの。

公式Facebookページ