[[マイクロクリーンアップキャンペーンご支援]]

[ ■ What's new ]

topicon.jpg

「マイクロクリーンアップキャンペーン」は私が主宰しているミクロネシアでの清掃活動になります。
カメラマンとして「本来そこにあってはならない物があるという光景を不自然に感じたから」という想いから始めました。また「海洋ゴミに国境はなし」「マイクロプラスチックの問題は私たち日本人は加害者であり被害者であります。またミクロネシアの人々も加害者であり被害者であります」と思っています。
この活動は私たち日本人だけが中心になるのではなく、現地の方々と一緒に取り組む活動であります。
現在、この活動を支援しただける方を広く集いたいと思っております。(Masa Michishiro/道城征央)

[過去の清掃活動レポート]
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2018年)。
ミクロネシア連邦ポンペイ島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦チューク諸島での活動(2019年)。
ミクロネシア連邦コスラエ島での活動(2019年)。
【ご支援振込先口座】
■みずほ銀行 中目黒支店(店番号132)
■普通 口座番号3020880
■名義 マイクロクリーンアップキャンペーン

2019年は世界自然遺産のガラパゴス諸島でも活動。
サンクリストバル島での活動。
サンタクルス島での活動。
すべての活動の模様は左のカテゴリーからもご覧になられます。

 

*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

JICAによる「mundi」のWEBギャラリー

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-01-29 15.23.44.jpeg

2018年、独立行政法人国際協力機構(JICA)の広報誌「mundi」の中にある『地球ギャラリー』というコーナーに僕がミクロネシア連邦ポンペイで行っている環境活動「マイクロクリーンアップキャンペーン」のことが掲載されましたが、今回その『地球ギャラリー』がWEBギャラリーになりました。本日公開で誰でも閲覧できますので以下のURLから見てください。
現在このキャンペーンの活動は止まっていますが、活動地域は同国のチューク諸島、コスラエ島までに拡がり、次のプロジェクトを再開させるだけです。

公式Facebookページ

 

Gyoppy!からインタビュー

[ ■ What's new ], [ ■ 日々の事 ]

DSC_4388.jpg

Yahoo!JAPANによる「海の豊かさを守ろう Gyoppy!」にブリーシップでインタビューされたもに加筆して再掲載されています。

■インタビュー記事はここからご覧下さい。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

九州大の磯辺先生、JICA担当者との対談

[ ■ What's new ]

スクリーンショット 2021-07-09 12.27.51.jpeg

海洋物理学の磯辺先生(九州大)と私、そして国際協力機構(JICA)のゴミ廃棄物の担当者との対談形式のインタビューになります。マイクロプラスチックの専門家と民間活動をしている私、そしてゴミ廃棄物の専門家という面白い3者対談です。
ダイビングをやる人、漁業など海で仕事する人・・・・・・だけではなく皆さん共通の問題だと思います。既に公開されてますので、是非ご覧ください。

 

12月の「エコ・自然塾」のお知らせ

[ エコ・自然塾のお知らせ ]

_DSC3329.jpg

ミクロネシア連邦と同じくらい通い詰めている場所が小笠原諸島になります。地球の裏側に行くよりも遠いが、そこは明らかに東京都であります。そして世界自然遺産の島であります。その魅力を私、Masa Michishiro(道城征央)が語ります。
【詳細】内容など詳細はココからご覧ください。
【参加方法】
info@ordinaryworld.jpまでその旨連絡ください。後ほど確認のためこちらか連絡させてもらいます。
その後入金確認後Zoomの情報をお知らせいたします。

 

ミクロネシアと地元と自分の関係【2021/11/29】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_0823.jpg

ミクロネシアでの活動と地元中目黒での活動もミックスされ、オンとオフがなくなりつつある自分ですが、そこは記者の方がうまくまとめてくれました。
本日発売の東京新聞「ひと ゆめ みらい」というコーナーに登場です。
どちらかと言うと欧米寄りになっている日本ですが、先人と深いつながりのあるミクロネシアをはじめ大洋州オセアニアに私たちはもっと目を向けるべきでしょう。東急の五島昇もそう言ってたようにです。そして世の中にある問題の解決は世界規模のことではなく、足下にある問題からです。

公式Facebookページ

 

地元での清掃活動終了【2021/11/26】

[ ∟地元での活動 ]

IMG_0819.jpeg

本日、中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されました。夜、近隣の飲食店を見てもどこもスカスカです。その影響かゴミの量も少なかった印象ですね。

公式Facebookページ

 

今年の漁は終了【2021/11/24】

[ ■ 日々の事 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

kujira.jpeg

動画は和田浦(千葉県)で行われているツチクジラを解体する前、それを引き上げている時の模様です。
今年2021年の漁は本日(11/24)をもって終了だそうです。今年は不漁らしく、9頭しか捕獲出来なかったそうです。
ツチクジラと言えどもこうして見ると大きいですね。

公式Facebookページ

 

地元での活動【2021/11/13】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_0769 (1).jpg

今日も中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃が実施されました。老若男女だけではなく、最近は国際色豊かになってきています。詳細はココをご覧ください。

公式Facebookページ

 

自粛警察の気持ち【2021/11/7】

[ ■ 日々の事 ]

trash.jpg

緊急事態宣言が明けた後から何となく目黒川沿いの歩道で多くの放置空き缶を見るようになった。気がついたときに拾っているのだが、また次の日には別の空き缶が捨てられている。ほぼ毎日毎日、違った空き缶などのゴミがそのままになっている。
しかしこうそれらを拾い集めていると自分の中でのリミッターが切れそうで怖い。切れたらどうなるのか?恐らく自粛警察や過激な環境保護団体のようになるのだろうか・・・・・・。
正義感が強くなればなるほど、それに反するものが許せなくなってくる。何となく自粛警察や過激な環境保護団体の気持ちもわかる。「あ〜彼らもこうなんだろうな〜」と。

公式Facebookページ

 

公務員は仕事していない!【2021/10/29】

[ ■ 日々の事 ]

IMG_0730.jpeg

どう思います?「公務員は仕事していない!」と良く言いますが、その典型的な例でしょうね。
今日もそのまま放置だったゴミのたまり場について目黒区へ撤去してくれとのメールしたら「区を介すと情報の精度が落ち、逼迫度も伝わらないから直接東京都(第二建設事務所)に言ってくれ」と。”情報の精度が落ちる”、”逼迫度が伝わらない”というのは「他人事」に思える。
目黒区の場合、区の職員ほとんどが区外に住んでいる。その影響もあるのだと思う。区内に住んでいれば「自分事」と思い、こう言う言い方はしないだろう。
ゴミ再資源化率日本一の鹿児島県志布志市では、市役所の職員のほとんどが市内に住む、どこかの自治会に属していたと言う。その結果ゴミの分別指導もうまくいき資源化率も上がったという。
今後東京にも大地震が来ると言うが、こんなんでいいんでしょうか?「区民がどんなに困っているか、その逼迫度が区外に住んでる私にはわかりません。よって区民は自分で身を守ってください」と言われそうです。

公式Facebookページ

 

地元目黒川の定期清掃終了【2021/10/29】

[ ■ 日々の事 ], [ ∟地元での活動 ]

IMG_0726 (1) のコピー.jpg

IMG_0724.jpeg

最近は国際的になりつつ中目黒村美化委員会による目黒川定期清掃。今日はご近所在住のアメリカの方も参加してくれました。
寒くなっているせいかゴミ量は減っています。詳細はこちらをご覧ください。
それでもプラごみ(ペットボトルなど)は多いです。プラスチック製品はプラスチックそのものが悪いのではなく、それに使われている添加剤と呼ばれるものが良くないのです。タッパーのように柔らかいプラ製品、植物のプランターのように硬いプラ製品とプラ製品を用途に応じて様々な性質にする添加剤が良くないのです。特にビスフェノールA(BPA)は環境ホルモンの一種で、女性が卵巣から分泌するエストロゲンというホルモンに形が似ているため、BPAを体内に取り込むとそのホルモン作用が早いうちに起こると言われています。また自然界ではよくオスのメス化が進んでいると言われています。その原因もプラ製品などに使われている添加剤だと言われています。
2枚目の写真の部分、目黒区は「管轄は東京都であり、我々の管轄外です」と言って結局そのままの状態です。
【次回の実施日】11/13(土)、11/26(金)

公式Facebookページ

 

西表島のサンゴ[動画]

[ ■ 西表島 ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

iriomotephoto.jpg

10/20〜26日まで沖縄は八重山群島の西表島に行ってました。数年前ここで、齧歯類由来のレプトスピラ症という感染症にかかった経験があります。別の言い方をするとそれだけ原生の自然が多いということであります。
それだけに海の中も素晴らしく動画にまとめました。

公式Facebookページ