*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

*** eラーニングの販売開始 ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-25 09.08.24.jpg

eラーニングの販売を初めております。講義しつつ、デジタル写真集的な素材であります。四つの講座があり、各々1,000円になります。

①「0.1%の海が我々の生命と生活を守る命綱」

→サンゴ・サンゴ礁の話。

②「ミクロネシア文化を探る」

③「自然界の恵みとその恩恵を感じよう」

→生態系・生物多様性

④「小笠原諸島からみる世界遺産登録への道」

購入は→→→ココから

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

魚影の濃い日本のタンカー

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

_DSC6872.jpg

ミクロネシア連邦のチューク諸島(トラック諸島)に沈む「神國丸」という日本のタンカーです。
今この船は漁礁として、魚の群れを見ることができます。過去に20度近くこの島に行きましたが、今回(2018/2)はもっとも濃い魚影でした。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

+ Windライヴ終了【2018/6/17】

[ ■日々の事 ]

IMG_6384.jpg

6/16は中目黒の「楽屋」で+ Windのライヴが行われました。ご来場いただいた皆様ありがとうございます。
次回は11/24、四谷三丁目の「ソケースロック」になります。この時は「楽屋」と違った形態のライヴになるでしょう。なのでこちらへもお越しください。

公式Facebookページ

 

沖縄でサンゴ産卵は不発【2018/6/15】

[ ■日々の事 ]

_DSC8300.jpg

2週間前に行った沖縄本島に弾丸の4日間で行ってきました。
目的はサンゴ、それもミドリイシなどハードコーラルの産卵でしたが不発に終わりました。
しかしこんな都会の目の前の海でそんなのが見られるなんて不思議です。下旬にチャンスがあるそうですが、また行こうかなと思ってます。意地になります。
辺野古にも行って潜ってきましたが、あの反対運動も「なんだかな〜」と思うこともあります。ちょうど8/17に海に土砂を入れることが決まった日に行ったので、大勢の人が道路を塞いで反対活動をしていましたが、地元の人よりもよそから来た人、はたまたバイトとして雇われた人(外人もいるそうだ)もいるそうです。

 

発見!タツノハトコ

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC2280.jpg

沖縄本島は平安座島近くで撮ったタツノハトコです。
タツノハトコもイトコもオトシゴもそうです。人間は彼らを見習いたい。彼らは海藻に絡まってまったくその場から移動しない。動かないと言うことはもっともエコであります。人間は物を買いにスーパーに行く。行くには身体を動かしエネルギーを使う。遠出して買い物するとなると自動車使ってCO2をまき散らす。電車や飛行機を使えばさらにまき散らすばかりか、よその人々と交わることもある。交わってしまえば、よその人々の活動が見える。見えてしまえばそれは時と場合によっては争いごとに発展する。それは地域間の争いだけでは住まなくなると戦争に発展する。
今日は日曜日、朝から何もしないでボーッとしませんか?お腹も減らず、スーパーに買い物に行く必要もなくなります。これはある面すごくエコな生活であります。彼らから見習おう。

公式Facebookページ

沖縄の過去の写真

 

岡山理科大学による好適環境水【2018/6/8】

[ ■日々の事 ]

_DSC7994.jpg

_DSC7991.jpg

ネットで検索してみると「好適環境水」は淡水魚と海水魚が一緒に暮らせるようになる水とショッキングな紹介がされています。
しかし本来の好適環境水の目的は淡水魚と海水魚の混在ではなく、水をほとんど取り替えないで魚を育てることができる養殖業を目指したものであります。
みなさんはスーパーに行けば普通に魚を買うことができ、魚料理屋や居酒屋に行けば魚を食べることでき、その激減数を感じることができないでしょうが、実際は7割減、9割減なんていう魚種もザラであります。よって2048年には「地球上から食べられる魚がいなくなる」と言われています。完全養殖は不安定、畜養は環境負荷が高いと言われている中、また違った形で捕る漁業から育てる漁業への転換のきっかけになるのが「好適環境水」を使った閉鎖循環型の水槽でしょう。これがあれば山間部でも魚を育てることができます。また一切捨てることをしない水であるため、循環の過程で野菜を栽培することも可能です(2枚目の写真はトマト栽培)。その魔法の水を見に岡山理科大学の山本先生に会いに行って来ました。
先生自身、観賞魚の飼育が好きで、魚も好きで、アクアラング時代からダイビングをやってと、好適環境水の話しからそっちの話しでも相当盛り上がりました。ちなみにオニヒトデ駆除で酢酸を使うことを提案したのも先生でした。

 

浅場のヘルフリッチ

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

DSC_0102.jpg

ミクロネシア連邦のチューク諸島(トラック諸島)は、その外洋にあるキミシマ環礁での一枚です。
案外浅い深度にいるので撮りやすい魚です。ヘルフリッチ(シコンハタタテハゼ)という呼ばれる魚は私の好きな魚でもありあます。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

縁溝、縁脚と言った地形を見る

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC7669.jpg

沖縄は本部町の近くにある水納島(みんなじま)です。
サンゴ礁は津波、高波への護岸効果があると言われています。Googleアースでサンゴ礁を見ると指を広げた掌のような地形を見ることができます。縁溝縁脚系と呼ばれるこの地形はご覧のようになっています。溝が指と指との間で縁溝、半島のようになっているのが縁脚で、この地形に波を和らげる効果があるそうです。

公式Facebookページ

沖縄の過去の写真

 

ジープ島にいたカサイダルマハゼ

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

DSC_0023.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島(トラック諸島)にあるジープ島で撮ったカサイダルマハゼです。
ミドリイシというサンゴの中に住んでいるのですが、なかなか撮れる位置まで出てきません。それに大きさも1〜2センチ程度なので非常に撮りづらいです。
そんな小さな生き物もミドリイシという硬いサンゴに守られています。
ジープ島の浜から歩いてすぐの所、水深にして数メーターのサンゴのなかに住んでいました。撮りづらさはピカイチですので浅い水深でも私は空気を使い果たしましたね。
同じような場所にはパンダダルマハゼもいました。
現在、ジープ島にはダイビングのできる日本人スタッフはいません。これは非常に残念です・・・・・・。特にカメラ派にとっては大きな痛手になるでしょう。
これまでは「道城さん、早朝マクロ撮りに行きませんか?」と必ず声をかけてくれていた日本人のダイビングインストラクターの方がいたので、今まで公表されているのとは違ったマクロの世界のジープ島を見ることができました。
一刻も早い海の生物のわかる日本人スタッフ、つまりダイビングインストラクターが来てくれることをカメラマンとしては望みます。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

ソフトコーラルの放卵(宜野湾)

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ], [ ➡ 動画アーカイブ ]

soft-2.jpg

動画はここからご覧下さい。
那覇に次ぐ大都会、宜野湾市の海でサンゴの産卵を見ることができました。産卵というより抱卵です。サンゴの中でもソフトコーラル(オオウミキノコ)は雌雄異体であるため、ある個体はメスであり放卵し、ある個体はオスであり放精します。これはメスで放卵している場面です。通常のハードコーラルが放つバンドル(卵という人がいるがそれは違います)と違って、大きさは小さいです。
まるで雪のよう。うねりによって舞っています。

公式Facebookページ

 

大都会、宜野湾市の海

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC7475.jpg

沖縄は那覇の隣り宜野湾市の海です。海沿いにはボウリング場や商業施設、マンションがあって、さらには車が行き交う幅広い道路があってと宜野湾はまさに都会です。しかしそんな大都会の宜野湾、ボートで少し港を出ると海の中はこんな光景です。海の上と下とのアンバランスさが好きになりましたし、自然のたくましさを知ることができました。

公式Facebookページ

沖縄の過去の写真

 

辺野古の青サンゴ

[ ■ 日本の島々(沖縄など) ]

_DSC7525.jpg

辺野古の海はじつに見事な青サンゴの根がある海でした。
しかしその脇では埋め立て工事が順調に進んでいるようです。

公式Facebookページ

沖縄の過去の写真